FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

推測と憶測

 歩道での自転車事故の原因はスピードの出しすぎ。スピードメーターの設置を義務づけして制限速度を守らせよう。それなら坂道でもスピードがでない、歩道を走れる13歳未満70歳以上専用自転車が開発されヒット商品になります。TPP交渉参加反対議員リストにない議員は、主食のコメだけは例外関税を認めさせる「最低でもコメ」を公約として訴え当選を確保します。日本の将来のために必要なのは脱原発ではなくて脱危険。原子力発電所は、安全が絶対条件なので国が責任を完結できる国営になります。小中学校の教職員の給与は最低保障基本給と成功報酬の2階だてになります。昨日の判決で、財源があれば健康保険の混合診療が認められる可能性が高くなったので、保険外診療のメニューを拡大しておこう。以上はすべて憶測。中長期計画の意思決定の要因とできる「推測」になるための論理的根拠がありません。そこで本日の問題は、オリンパスの不適切な行為の内容。ヒント 病気でなくて甘えといった産業医を雇った企業の憶測の失敗。
  警察庁は25日、これまで自転車の通行が許されていた一部の歩道のうち、幅3メートル未満の歩道は許可しない方向で見直すことを決め、全国の警察本部に通達を出した。歩行者との事故を減らすのが目的で、通行できる歩道でも悪質な例は交通切符を切って厳しく対応するよう求めている。規制強化の一方で、自転車道を新設するなど環境の整備も進める方針だ。  「軽車両」の自転車は、原則として歩道を通行してはいけないことになっている。例外は、13歳未満の子どもや70歳以上のお年寄りが運転する時くらいだ。  ただ、歩道の幅が2メートル以上あり、歩行者の邪魔にならない場合は、各都道府県警の判断で自転車の通行が許可されてきた。こうした歩道が全体の5割近くを占めるとみられる。  通達では、道幅の要件を「3メートル以上」に引き上げ、これに満たない歩道は、歩行者がとても少ない場合や車道を通るのが危険な場合を除き、許可を見直すよう求めた。ただ、警察庁の担当者は「判断はあくまでも各警察本部。要件に満たなくても地域の実情に応じて通行できるままにしておくこともありうる」と話す。 10/25朝日新聞配信
  内閣府は25日、環太平洋経済連携協定(TPP)に参加した場合、日本の実質国内総生産(GDP)が2・7兆円(0・54%)押し上げられるとの試算を明らかにした。 米豪など9か国が交渉している現在の枠組みに加わることを前提にし、昨年10月発表の数値から修正した。 民主党が同日開いた「経済連携プロジェクトチーム(PT)」の会合で大串博志政務官が説明した。同党議員から「TPP参加の経済効果を明示すべきだ」と要求されていた。 内閣府は昨年10月、「8~11か国」の参加を前提に、実質GDPの伸びが2・4兆~3・2兆円(0・48~0・65%増)になるとの試算を発表していた。マレーシアの交渉参加前の8か国での試算や、韓国やカナダが参加した場合の11か国の試算を含め、参加国に幅を持たせた試算だった。10/25読売新聞配信
  JAグループを束ねる全国農業協同組合中央会(全中)は25日、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加に反対する国会請願を衆参両院議長に提出した。与野党の国会議員356人が、請願を出すのに必要な紹介議員に名を連ねた。  請願は、TPPが農林水産業だけでなく地域の経済・社会の崩壊を招く恐れがあるなどとして、参加しないよう求める内容。紹介議員は民主120人、自民166人、公明25人、共産15人、社民10人など。自民は所属議員の8割以上、公明は6割以上、共産・社民は全議員が紹介議員になることを承諾した。  全中は同日、356人の氏名を公表した。 10/25朝日新聞配信
  自民党政務調査会の総合農政・貿易調査会(加藤紘一会長)は25日、環太平洋経済連携協定(TPP)について「国内農業を崩壊へ導くばかりか、農林漁業を基礎としている地域社会を根底から覆すもので断じて容認することはできない」として参加反対を決議し、谷垣禎一総裁ら執行部に申し入れた。谷垣氏は「重く受け止める」と述べるにとどめた。「自民党TPP参加の即時撤回を求める会」(森山裕会長)も同日の会合で「『現時点では我々としては反対だ』とはっきり言ってもらわなくては困る」などと執行部に反対表明を促す発言が相次いだ。 10/25朝日新聞配信
  経済産業省所管の日本エネルギー経済研究所は25日、2035年までの「世界のエネルギー需給見通し」をまとめた。東京電力福島第一原発事故の影響で原発の増設がとどこおれば、二酸化炭素(CO2)の排出量は35年時点で7%増えると試算した。  事故の影響がなく、原発増設が最大限で進んだ場合、35年の合計出力は10年に比べて2.1倍に拡大する。事故の影響を考慮した場合でも、中国を中心に増設が進み、同1.3倍になると予想した。  事故で原発開発が鈍った分(約3億キロワット)を、すべて火力発電の増設でまかなうと、CO2は事故の影響がない場合より7%増えるとみる。35年までに必要な投資額の合計も、燃料費増などで、事故の影響がない場合の51兆ドル(約3900兆円)より1.9兆ドル(約145兆円)増えるという。 10/26朝日新聞配信
  財務省は2012年度予算編成で、公立小中学校の教職員の給与を引き下げる方向で検討に入った。教職員給与の3分の1を賄う義務教育費国庫負担金を最大で1200億円削減する考え。国家公務員給与の大幅削減にあわせ、独立行政法人の職員や地方公務員の人件費なども見直し対象とする。歳出削減を徹底する姿勢を示し、東日本大震災の復興増税への理解を求める考えだが、調整は難航も予想される。10/26日本経済新聞配信
  自律神経失調症で休職中、産業医に「病気でなく甘えだ」などと言われ病状が悪化したとして、奈良県に住む40歳代の団体職員の男性が、当時の産業医に530万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であった。 寺元義人裁判官は「安易な激励や、圧迫的、突き放すような言動は病状を悪化させる危険性が高く避けるべきで、産業医としての注意義務に違反した」と述べ、元産業医に慰謝料など60万円の支払いを命じた。 判決によると、男性は2008年6月から同失調症で休職。治療で復職のめどが立った同年11月、元産業医との面談で、「病気やない、甘えなんや」「生きてても面白くないやろ」「薬を飲まずに頑張れ」などと言われ、病状が悪化。復職の予定が約3か月遅れた。 元産業医は内科が専門で、裁判で「励ましの言葉をかけることはあったが、詰問や人格を否定するような発言はしていない」と主張。判決で寺元裁判官は「産業医は心の健康への目配りを通じて労働者の健康管理を行うことも職務だ」と指摘。同失調症を「うつ病などとの関連性が考えられる」とし、慎重な言動の必要性に言及した。元産業医は昨年3月、この団体での勤務を辞めたという。10/25読売新聞配信
  健康保険が使える診療(保険診療)と保険外の診療(自由診療)を併用する「混合診療」を原則禁止している国の政策が適法かどうかが争われた訴訟で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は25日、「医療の質の確保や財源面の制約などを考えると政策は適法」との初判断を示した。 その上で、混合診療への保険適用を求めた原告側の請求を棄却した2審判決を支持し、原告側の上告を棄却した。原告側の敗訴が確定した。 5人の裁判官全員一致の結論。国は、混合診療を原則禁止し、個別に認定した先進医療などとの併用に限って例外的に保険適用を認める「保険外併用療養費制度」を実施しており、判決はこれを追認した形だ。 同小法廷は、混合診療を原則禁止した健康保険法の規定について、「医療の安全性を脅かすような医療行為を抑止する意味を持ち、財源など健康保険制度全体のあり方も考慮している」と指摘。「保険外併用療養費制度の対象とならない医療行為との併用については、保険診療分も含めて保険を適用できないと解釈するのが妥当だ」と結論づけた。生存権などを定めた憲法にも反しないとした。10/26読売新聞配信
  オリンパスが08年に実施した英医療機器メーカー「ジャイラス」の買収に伴う投資助言会社への巨額の支払いをめぐり、英米系監査法人が「不適切な行為が行われた可能性を排除することはできない」と指摘していたことが、毎日新聞が入手した監査法人の中間報告書で明らかになった。別の報告書は不正な点などはなかったとしているものの投資助言会社との契約内容が菊川剛会長ら一部経営陣だけで決められ、取締役会が約半年後に事後承認したと言及している。 中間報告書は、マイケル・ウッドフォード前社長の依頼で10月に作成され、取締役会などに提出された。 投資助言会社への報酬は買収額の1%とされるが、オリンパスが支払った額は計約660億円と買収額(約2100億円)の30%超に上った。オリンパスは07年6月に投資助言会社との契約を修正した際、成功報酬を当初06年に結んだ契約の5倍の5%に増額。中間報告書は「我々の経験上、5%の報酬は異常に高い水準だ」と疑問視している。オリンパスはこの後、さらに支払額を引き上げた。弁護士らが作成した別の報告書によると、この契約の修正は森久志副社長ら一部経営陣が審議して菊川会長が決め、取締役会で承認されたのは半年後だったとしている。オリンパスは「推測や臆測に基づくものが多く、誤解を招く内容だ」と反論している。10/26毎日新聞配信
スポンサーサイト
  1. 2011/10/26(水) 07:55:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<説明責任を果す | ホーム | 既得者との戦い>>

コメント

初めまして。ブログ拝見しました。
ことし還暦の1人暮らしです。
ボケ防止にパソコンを購入遊び程度に弄くっていましたが、
迷惑メールに入るビジネスの言葉に騙されて
いつの間にか7.8サイトは手を出してしまいました。
勿論一度も稼げた事は無く、営業はプロですから何人かは紹介も出せますが、
ダウンが動かない人ばかりで結局は赤字続きです。
月5万も稼げないもどかしさで嫌に成ります。
本当に稼げている人はいるの?とも思います。

でもやっと良い風が吹いてきました。凄いです。
アンドロイド 自社タブレッド&アプリで権利報酬を。
10月末つまでのキャンペーンも後わずか、そこで私個人のキャンペーン、
キャッシュバック行います、驚きますよ!!
  1. 2011/10/26(水) 18:17:37 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/745-9566b5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)