FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

救うべきは、業ではなく人

減収で大変なところで目立つのはイベント興行と観光業だけど、どうやら飲食業も大打撃。上様からは、レストランにいってはいけないのかそうではないというお言葉をいただいたけど、都知事さまの不要不急ではない外出さきには、飲食店はなし。空気としては、娯楽・レジャー・スポーツ・賭博だけど、飲食でも会話の伴うものはアウト。バー、スナック、キャバレー、キャパクラ、ホストクラブ・・・。で、対策が消費税と法人税の納税猶予と無利子無担保融資。でも、消費税って預かってるものだし、法人税を払うのは基本黒字の儲かってる企業だけ。それに消費税には零細企業には免税制度があるし、外形標準課税も大企業だけ。ウイルスがなくても廃業確実だったのに、救われたなんてとこがいっぱいありそう。平民が認識すべきかけてる視点は、救うべきは人であって、店でも家業でもないということ。廃業は業をやめることであって、人間としての評価は関係ない。国家権力が守るべきものは人間。だから、救済すべき業は弱者ではなく敗者であり、人間の命と暮らし。一方国民の命を守る対策は心配。たとえば国内未承認薬の健康被害。いけないのは未承認ではなく、200倍の鉛である。注意を呼びかけではなく販売禁止と回収が当然。だが、業は人より偉いのでできない。救済は、その原資となる善良で勤勉な納税者が評価すべし。天下りはよくて、なぜあっせんがいけないか。人ではススキノのスナック「売り上げほぼゼロ」 資金ピンチ 3/29朝日新聞
インドから輸入の国内未承認薬で健康被害 静岡県が注意呼びかけ 3/29毎日新聞
陸自、将官級の天下りあっせんか 組織的疑い、監察本部が調査3/29共同通信
なく業を評価するからである。
スポンサーサイト



  1. 2020/03/30(月) 08:54:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<豹変を期待すべき君子 | ホーム | 不気味な円安>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/3202-1eef512c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)