FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

憂うべき自治体のレベル

「もう待てない」ということで、自国民のためにチャーター機の派遣。それはいいとして、同盟国のメディアに政府が感染広げてるなんて批判されるのは困る。平民の希望は周辺だけでなく全土からの入国禁止。それができないのは、権力者を支える人々の損害のためと思われること。生きるために住むところを選べない平民は、会社の命令に背けないから渡航禁止にして欲しいけどそれもかなわぬ不条理。だが、心配しなければならないのは自治体が自分とこの都合で、かってに対応すること。千葉は通勤電車では濃厚接触にならず、名古屋は2/7午後8時7分発「ミュースカイ」2号車に乗車したと発表したけどどこで降りたかは秘密。せめて年齢を60台というように、愛知県東部とか岐阜県とか表現してほしいところ。濃厚接触条件の時間でいえば深刻なのは、新幹線だけどどの電車の何号車に乗ったのか東京はいっさい発表せず。そもそも国民の安全確保は国の責務。平民が思い出すべきは、クーラーがないための児童死亡、危険なブロック塀、運動会の組体操。みんな自治体の権力者の力関係で決まってよいのか。観光バス、タクシ-、クルーズ船、屋形船、総武線快速、地下鉄東西線、ミュースカイ、新幹線・・・。必要なのは全国統一のルール。ところが社会的規制がバラバラでも問題にされない。たとえば岡山市役所の新設喫煙所。職員が公園で吸わないようにする対策がみえみえ。たばこを吸う人間も人間という価値観は、時代遅れ世界に通用しない。たばこ1箱千円。公務員はすべて喫煙禁止。この公約で喫煙者から非喫煙者を守る政党を作ったら、受信料未払者からNHKを守る政党より票は増える。香川県のゲームは1日60分規制条例。なんでそんなもの条例にする必要あるのか。肥満防止のためうどんは1日2玉までみたいなもの。現在のゲームは大昔のファミコンと違い、オンライン。としたらゲームセンター同様、供給を夜9時までとかの規制があるべきで、それは国の仕事。平民が憂うべきことは自治体のレベル。対策は市町村で成果のあった合併。四国県なら合区も解決。
米、待ちきれず救出へ「日本政府、逆に感染広げている」 2/15朝日新聞
名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性2/15毎日新聞
“症状出た後”東海道新幹線に…新型コロナ感染が確認された東京の40代男性 2/10に愛知へ出張2/15東海テレビ
時代に逆行、市役所に喫煙所が復活したワケ2/15産経新聞
「ゲームは1日60分」香川県議会が全国初の規制条例制定へ 反発も相次ぐ 2/15毎日新聞
スポンサーサイト



  1. 2020/02/16(日) 08:09:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<正しく恐れることができない仕組み | ホーム | 必要な距離と時間を知る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/3175-5724f90b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)