FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

改竄と破壊のAI技術は進化する。

親子2代、35年来の知人ではないか?。それがどうした。確かにこちらの指名では、たとえ35年お友達でも選定のプロセスに一点の曇りはないとはいえないけど、それは自白すみ。それより被害者と債権者は、健康政治連盟の献金明細を公表いただき返して欲しいところ。だけどそれは、追及するほうも困る。ということでひたすら証拠のない印象創造。かくして名簿データーの復元は不可能と報告を受けている。という答弁のあと、バッドタイミングで登場した、データー破棄つながり。矢面長官のおひざ元神奈川県庁の失態。対策が契約変更とはなんとも不安。そうだHDシュレッダーの開発支援を経済対策に追加しよう。マーケットニーズは迅速に正確に痕跡を残さない改竄と破壊。この展開の流れは平民には厳しい。情報格差は、幸福の結果の格差につながる。対策はメディアが報じない問題の本質を具体的事実から把握すること。たとえばその1、訪問勧誘電気小売の手口。一般家庭では高くなることがほとんど・・・なら知るべきは安くなるケース。適応障害の診断書提出先がなぜ国会ではではなく政党なのか。許さない相手を落選させたことで役割は終わったというメッセージ。中小企業支援や地方創生関連などでは各省庁が似たような狙いの施策を盛り込んだ。なぜ具体的に指摘できないか。13.2兆円の財政措置でGDPを1.5%引き上げる。額にして7.5兆円っていうと本質が露呈するから。利用されないように破壊された1億円の出城と違い、いちゃもんつけると選挙に負ける。かくして、将来の次世代のために重要な少子化対策は壊滅する。現世利益と一族利権の継続のため、改竄と破壊のAI技術は進化する。
桜を見る会 「ジャパンライフ元会長とは親子2代の付き合いではないか」と追及 野党ヒアリング詳報その212/6毎日新聞配信
神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」 12/7毎日新聞配信
消費者庁、電気小売りに業務停止命令=「安くなる」とうそ 12/6時事通信配信
自民・河井案里参院議員、国会欠席 「適応障害」の診断書提出12/6TBS News i
主張】経済対策 効果を吟味し具体化図れ12/7産経新聞配信
19年出生数、90万人割れ確実 過去最少、推計より2年早く12/6共同通信配信
スポンサーサイト



  1. 2019/12/07(土) 07:25:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人間よりAIが決めるべきこと。 | ホーム | 本人では無理な質問回答も分身なら可能。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/3119-4d709726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)