FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

地方のレベル

奈良といえば名阪国道を有料化してとか大仏だけみにくる方はお断りとか、結構建設的な提案の発信があり平民が期待できる地方だったのに、首相や維新の好感度を問う調査を実施したことはとても残念。実力よりも高い評価を得る奈良判定は他力ではなく自力で獲得したもの。政権の基盤は決して印象ではなく利権なのに、好感度を測定対象にしたら県民だけでなく国民全体の錯誤が継続される。たとえば、首相本人のヤジの連発。評価の対象とすべきことは、性格とか人間性とか人徳ではなく、目的達成のための戦略と戦術である。だから、調査は無意味なのに、住民税が原資であるゆえ奈良地方の利権拡大に寄与するという錯誤が生まれる。維新の好感度についても高ければ、組合幹部の特権を平民に開放うる政策を進めるのか。たぶんやる気はなくて、あっちのぶんをこっちにのため。だが、地方の税金の無駄遣いについて批判は皆無。地方の名士一族が土着利権を牛耳ってるから。住む所を選べない平民にとって恐ろしいのは、経済的不利益だけでなく生命の安全まで実質支配者のレベルで脅かされること。、たとえばゲリラ攻撃の災害放送。この誤報のパターンは野田村だけでなく、過去には世界の終わりが流れた地方もある。これでは、狼がきたぞと叫んでも何回もこなかったので、ほんとにきたときに食べられてしまいました、という物語を、たとえ首相のような偉い人のはなしでも信用してはいけません。という教科書にしなければならなくなってしまう。海外で自衛隊のいるところは被武装地帯で安全だ。名士の所有する土地は災害の恐れのない安全地帯である。このような説明を信用しなくなったら国益にマイナスになるのは明白。もうひとつの地方のレベルが低いための被害が顕著な例が神戸市教育委員会。有給休暇をとってるという批判に対して条例改正で給与を停止したのはレベルが低すぎる。だから、加害教員の審査請求がニュースになってしまう。まずは、懲戒解雇と損害賠償請求と前校長を含めた監督責任を問う処分の検討を表明すること。佐野SAレストラン社長が、スト参加者を解雇するといえなくても、組合幹部に損害賠償請求表明することができるのと同じ。権利はなくても、検討の表明は違法であるはずがない。できないのは、現市長の権力のレベルが低いから。ビジネスでは、この地方の現実を知らないと全国組織は痛い目にあう。たとえばNHK,なんか海老名市長候補の訪問を禁止する政策が支持されそうな事件だけど、窃盗に活用されたのは未払い者ではなく集金客のリスト。振込ではなく現金で支払う人の家にはタンス預金がある確率が高い?ということなのかどうかはわからないけど、今時千円単位のお金を集金する非効率なことができること自体、まじめに引き落とししている人々の大損。という印象が誕生してしまった。桜を見る会は首相の地盤有力者のためという印象を創造した田村議員の質問。だけど、残念ながらそこまで。そもそも税金の無駄遣いだからやめるべきという世論は生まれない。どういう質問したらよかったか。「首相は国の代表だから、一般枠は選挙区だけでなくすべての国民より応募いただき、抽選で決定するべきではないでしょうか。運営コストがかかるなら、ひとり2000円参加費を徴収しましょう。」でも、これは最も対局にある政党でもいえない。全国のすべてのわが瑞穂の国の民主主義を支える地元後援会関係者を敵にまわすことになるから。地方のレベルが高くなると享受する利権は減少する。
首相や維新の「好感度」なぜ質問…奈良県政治調査に批判 維新の府知事も「ある意味すごい」11/9毎日新聞配信
安倍首相、再びやじ 質問議員指さして 金子参院予算委員長「厳に慎んで…」11/8毎日新聞配信
やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」11/7毎日新聞配信
「ゲリラ攻撃」と誤報 岩手・野田村、10分後訂正11/7産経新聞配信
加害教員が給与差し止め不服で審査請求 改正条例に異議 教員間暴行11/8神戸新聞NEXT
佐野SAのスト事実上失敗、会社側がスト破り対抗11/8日刊スポーツ
NHKが集金業務委託の会社、社長が契約者情報使い窃盗…契約解除 11/8読売新聞配信
「桜を見る会」首相の地元後援会関係者招待に「重複、当然ある」 参院予算委 11/8毎日新聞配信
スポンサーサイト



  1. 2019/11/09(土) 08:26:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天は二物を与える | ホーム | 私には聞こえなかった。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/3095-74ec342f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)