FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

成人式は廃止しよう。

成人の日は、ひなまつりとか端午の節句とか、七五三とかと違い、伝統文化を継承するものではない。昔のしきたりでは元服の儀になるけど、ひなあられとかかしわもちとかちとせあめとかの継承要素は皆無。だから、成人式もきまりはないから伝統の束縛はなく自由自在。18歳と20歳の線引きもすでに混在。じゃあこれからどうしたらいいか。答は簡単、やめたらよろしい。卒業式と違いもともと全員が参加できるわけないから不公平だし、税金の無駄。ニーズがあるなら、自治体の関与をやめて民営化する。たとえば、テレビ局主催で全国仮想選手権でもやればいい。でも、こういう意見はたぶん没。わが瑞穂の国の土着既得権益保持者の権力は偉大だから。え、なんでよくわからない。うんそうです、それは見えない、見せない、見させないから。でも見える隙間はある。たとえば立法府構成員グループでは、超党派。閨閥一族の場合は家族の絆。思い出そう、所属組織の推薦候補以外の候補を親族が応援したら本人を除名するという通達。平民が恐るべきことは、家族は仲良くしなければならないという憲法草案。家族による強制婚姻を逃れて亡命、わが瑞穂の国で果たして受け入れられるかどうか。まずは、成人式を廃止しよう。
成人式、やっぱり20歳で 「18歳で大人」22年民法改正後も1/13毎日新聞配信
国民民主・羽田氏、靖国参拝する会の脱会検討 野党共闘優先?1/13産経新聞配信
サウジ女性、カナダ到着…家族による虐待逃れ1/13読売新聞配信
スポンサーサイト
  1. 2019/01/14(月) 10:36:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新聞より世界に生中継 | ホーム | 国際世論との比較をさせない。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/2860-987d9f36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)