FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

国際的価値観による解決

再逮捕してからも同じパターン。特別背任自体に驚きがなかったのは、事前に内容が報道されていたから。なぜ報道されたかというと関係者からの取材。で、今回も続きを同じ方法でということだけど、国際通念では不思議な話。だけどこの公務員の守秘義務違反への批判は報道されることはない。構図は宅配新聞軽減税率適用批判の声と同じ。製造物の不良品をなくすことはできないが、故意による不正はなくすことはできる。えん罪をなくすことはできないが、金銭で解決できないえん罪被害者の損害はなくすことができる。考えるべきことは、もし検察がリークをやめたら、国民と国にどんなマイナスが生じるか。つまり、知らしめるべからずを知らしめ、知らしめるべきことを知らしめずのコントロールをする。コントロールとは、検察はリークなど決してしていません。国税には、くろよん税制はありません。といえること。その点、わが瑞穂の国と真逆のお手本が、世界最強国大統領。株価を下げる利上げはけしからんから、お前は首だ。知らしめれば、権限より心意気で世界は変わる。もちろん世界で活躍するためには、国際的価値観が大事。たとえば、メジャーを目標にする高校野球。球数制限を新潟高野連が実施。国際的価値観からしたら、厚生労働省が全国の高校に指導。訪日外国人向け自由診療専門病院に反対。理由は理解不能だし、川崎市長が国にガイドラインの作成を要請するのもとてもへん。観光立国をめざす国策い合致する医療ツーリズムに対応するのだから、国家戦略特区を獲得し、改正入管法の外国人医師の規制撤廃。日本人医師の流入対策は、TOEFL100以上条件で解決。
ゴーン容疑者、取締役会の承認偽装か 独断で損失付け替え12/23産経新聞配信
米大統領、FRB議長解任を議論12/22毎日新聞配信
新潟高野連が投手の球数制限導入12/22共同通信配信
訪日外国人に自由診療の専門病院、市が開設反対12/22読売新聞配信
スポンサーサイト
  1. 2018/12/23(日) 09:55:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<必要な悪いことした時のリスク | ホーム | いってはならない禁煙誓約を大学入学条件にする理由>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/2839-7218dec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)