FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

こっちにくる分あっちにいく防止策

増税対策終わったら反動があるのだから、増税延期したらいいのに・・・。もっともなご意見のようだけどそこは違う。子育てと軽減税率や車と住宅は続行するので、反動の懸念はポイント還元とプレミアム商品券だけ。で、両者の検証。まず、ポイント還元のみそは、資本金1億円未満の中小小売店だけ。で、これを機会にキャッシュレスを導入するかというと、手数料まで負担してくれるわけないから、やらないとこがほとんど。だから5%対象店は、すでにやってるとこだけ。でもそこでも、現金からカードに変更されると、売上げが増えない限り利益が減る。たとえば、ガソリンスタンド。5%ポイントつくからたくさん走ろうということないから、売上増の手段はシエア拡大だけ。ところが、競争相手のほとんどが2%対象になるからたいした競争力にならない。宣伝して、カードが増えると手数料のコスト増になるからしかたなしにやるだけ。5%の既存カード決済店はだいたいこのパターンだから、反動など心配ご無用。問題はフランチャイズ本部がリダーシップをとる2%有名屋号店。でも、スーパーと違いもともと価格を下げて需要やシエアの拡大をはかる業態ではない。150円のハンバーガーが100円になったらともかく、おでんにしてもコーヒーにしても2%では需要はかわらないし、他業態から売上をいただけるのもごくわずか。唯一有望なたばこは、タバコ事業法によってポイント対象外。違犯したら、灰皿の撤去とは違い免許取り消し。結論、消費者がポイント還元をやめたら消費額を減らすことはない。でもうひとつのプレミアム商品券。こちらは、スーパーでも使える25%引き。もし、誰でも、どれだけでも使えたら確かに反動はある。だけど、購入使用できるのは元々可処分消費額の少ない人々だけ。あったらいいなではなくて、なくては困るものがほとんど。だからあっちがこっちにいくだけだし、だいたいすぐ使用してしまえるから、使用期限後に反動することはない。なんだ、そうだとしたらこの二つは消費額減少に役立たないことになるじゃない。おっしゃるとうり。そこが選挙対策のいいところ。国全体ではあっちいく分こっちでプラスはなくても、こっちのプラスはあっちのマイナスには関係ない。わかりやすいのは、非自民で20年やってきたのに自民から出馬しようという国の代表。地元の有権者に支えてもらってずっと選挙区から送り出してもらっているわけです。ならば、せっかくいただいた議席を本当に社会に役立てたいという思いは強いです。・・・・。国の代表の選挙区は国の一つだけでいいという意見はない。退職の理由を別にして、退職したセクハラ被害者を再採用で救済したとする市。これは、本人にむごい仕打ち。公務員は、政治家と違いあっちいく分こっちを防止する責務がある。本人の希望で再採用を決定した権限者は、もし同じめにあったら今度は相手が市長でも報告してくださいと言わなければならない。もし、同じことされたらまた別の理由で退職してくださいとは言えない。正しい救済方法は、加害者に公務員退職損害損害分の慰藉料を支払わせること。あっちいくぶん、こっちを防止するためには、あっちにいったこっちのマイナスはあっちから取り戻すことが大事。では問題。鉄剤注射されたダメージでしばらく休業高校駅伝選手の救済方法。実力以上の力で駅伝で勝つ、有名になって選手を集める、入学者を増やすというあっちのプラス、体がボロボロになるこっちのマイナス。読売新聞ではなく文科省が調査して医大と同じように公表してもらう。これは頼りない。訴訟団を結成して、学校(公立の場合は国か自治体)にたいして一人1000万円の賠償を請求する。ちょっと無理か。正解は、五輪種目になりえないので、駅伝をプロ競技にすること。貧血の方は選手おことわりができるので、鉄剤を禁止にできる。こっちにくる分をあっちにいく防止策。
消費増税対策に2.3兆円 年間の実質負担上回る12/20朝日新聞デジタル配信
単刀直言】細野元環境相「簡単に『自民党へ』なんて言えません」12/21産経新聞配信
セクハラ被害で退職、再採用で救済 大阪府内の市役所12/20毎日新聞配信
鉄剤注射、警告後も17校で使用…女子高校駅伝12/21読売新聞配信
スポンサーサイト
  1. 2018/12/21(金) 14:42:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いってはならない禁煙誓約を大学入学条件にする理由 | ホーム | 落とし前をどうつけるつもりだ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/2837-596b9c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)