FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

成人式は都道府県主催にして参加料を徴収しよう。

夜逃げして管理費を踏み倒した人の費用を支払わなければ、水道を止める・・・。恐喝罪が成立するかどうかは、契約書の内容次第。電気代の未納は供給を停止するが、水道は生死にかかわるので供給を継続するという対応をとるのは自治体だから。民間業者の場合は、全て契約どうり。だから、契約が違法でない限り不利益の発生は需要者側の責任。で、なんで契約の内容に記事がふれないか。かわいそうな過疎地地元の零細業者と東北の首都の営利第一企業という構図で、ニュース価値にしているから。かわいそうな過疎地の成人は、成人式もしてもらえない。これも同じ。解決策は、成人式の主催者を市町村でななく都道府県にし、春夏秋冬4回やって、参加料を徴収する。式自体は、参加者の人生の結果に貢献する論理的根拠がない。衣装を見せるとか、参加者の行為の場だから、受益者負担が当然。とんでもないのは、働き方改革のため年末年始の式やめますという長野県。過去の式は税金の無駄だったことになるから、減税していただかないと。税金を給与の原資とする職員の働きかた改革は、交代で休日をとること。祝日と土曜日の窓口は開きます。1月1日も同様です。こういう意見が登場できないのは、わが瑞穂の国が誇る士農工商の身分制度のため。元旦に働いて稼ぐ人は卑しい商人。高貴な職員は年末年始はたっぷり休むべし。
民間水道企業赤字、「ペンション村」給水停止へ12/15読売新聞配信
新成人13人、出席見込めず成人式開催を断念12/15読売新聞配信
年末年始の式やめます=職員の働き方改革で―長野県12/14時事通信配信
スポンサーサイト
  1. 2018/12/15(土) 10:10:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブラックになるグレーとならないグレー | ホーム | 東京都民はブランド米の広告に税金を使用することに反対しよう。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/2831-a35e50fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)