FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

イメージダウンをさけイメージアップをはかろう。

7日読売新聞見出しにびっくり。日本政府ファーウェイ排除って、対応早すぎ・・・。記事本文を読むと幹部逮捕が理由ではないようだけど、1日にしてイメージダウン。通信障害の原因だという風評は、なんとかエリクソンの発表で広がりを防ぐことができたみたいけど、消費者の端末機種選択時の影響は必至。たとえば、ワイモバイル2年縛り、話し放題9GB端末込々で月額3780円ぽっきりって叫ぶCM.。きっと入電予定本数差異記録更新。教訓は消費者に選択権限のあるビジネスでは、イメージはダウンをさけアップをめざすべし。では練習問題。ゴルフする人を増やすためイメージアップ。公務員のゴルフ禁止規定にいちゃもん。これは失敗。こんな倫理規定が機能していたら、お友達と悪だくみの場に活用した最高権力者は交代しているはず。え、そんなのあったのと知らしめる逆効果。特に、国家公務員の倫理規程は、「利害関係者と共に遊技またはゴルフをすること」を禁止している。という紹介が登場してしまったのは超まずい。ゴルフをしたくても金と暇がなくてできない平民は、麻雀やバカラみたいな加計(変換ミスすみません)じゃなかった、賭けの負けとして贈賄する手段として活用される遊戯と同じというイメージを持ってしまう。たぶん、五輪種目で賭けの形容詞がある熟語は他にない。違法賭博実施バドミントン選手、野球やサッカーの八百長実施者など、賭けとは無縁ではないけど、対戦相手のプレーヤー同士の賭けが一般的になっているのはゴルフぐらい。正しいイメージアップの手段は、倫理規定のゴルフを会食に変更するように提案すること。会食の伴う率が最も高い五輪種目であっても悪だくみの想像からくるイメージダウンは避けられる。応用問題、政治資金集めパーティーのイメージアップ策。2万円の振り込み用紙を所管業者に配付した秘書。これはいけません。パーティー券購入者がもっている、当日会場で意思のある不定額を持参し、白紙の領収書を貰うものというイメージを壊してしまった。政治資金規正法が規定しているパーティーは、貰ってもやらず、やらせても払わずの倫理を前提に、違法でないことを実施する場。このイメージがなくなると、単にいううこと聞かないと悪いことが色々あるよという恐喝の場というイメージが増幅してしまう。ゆかり先生にイメージアップ.の成功例としてほしいのは、しおり先生の著書広告の場としての活用。さつき先生の看板はイメージダウンだけど、パーティー券購入側に著書の道具は、いいことあるかもというイメージアップになる。
ファーウェイとZTEの製品、政府調達から排除12/7読売新聞配信
エリクソン、ソフトバンクなどの通信障害を謝罪=原因はソフトウエア 12/7時事通信配信
公務員のゴルフ禁止規程は「五輪憲章に反する」12/6読売新聞配信
佐藤ゆかり副大臣秘書、民放各局に振込用紙配布12/7読売新聞配信
スポンサーサイト
  1. 2018/12/07(金) 11:45:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グローバルビジネスの掟 | ホーム | 目標は、ややこしいことを知ることができるようになること。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/2825-df8c3b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)