FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

職場放棄が職場法規

憲法改正を決めるのは誰か。それは国民である。としたら、決め方も内容も国民の意思の反映が必要である。与党と野党だけで草案や原案を審査したら、与党も野党も賛成しない道理が欠落し、国民に不幸を招く。ナンパのノウハウに、「食事に一緒にしようよ」はノーといわれると終わりだから、「ランチにする、それともデイナー」と問いかける、という手口がある。たとえば、徴兵制は韓国、英国、タイ、イスラエルのどのモデルがいいでしょうか、とたずねたら「みんないやです」という回答はできる。ところが、合区の解消に賛成か反対かという質問になったら、一票の格差に反対という意見の回答は葬られてしまう。立法府の構成員がもし、一票の格差のない選挙で選ばれていたら、国民の不幸が減ることはいっぱいある。今回の職場放棄ご発言は、国民が与党にも野党にも行政府にもメディアにも職場放棄というべきことを考える機会をいただいた僥倖。ということで、立法府を支える土着権力支配者ではなく、平民が主語になった場合の具体例を考えます。一番目の職場放棄は、職務遂行困難職員増員対応大臣に対して、辞職すべきという意見を表明しない野党議員、とメディア。平民にとって無能大臣の存在は最大の損失。大臣の基準の当選回数と関係ないのはスキャンダルモチや人格悪徳もそうだけど、国富の流出量は無能が最大。同性婚認めぬのは違憲の提訴。同性婚が違憲にならないように、憲法の条文を変更しようという意見を示さない、メディアの職場放棄。日本国なのに、米国の法律にしたがうと開き直る米国企業に、処罰できない国を批判しない野党とメディア。これでは、日本国全体が横田空域や米国大使館と同じ。地位協定は神羅万象すべてに及ぶことになる。問題は宿泊拒否よりも、米国企業として米国の法律にしたがったという発言のほうが大きく、これは自治体ではなく国でないと指導できない。元本保証や高額配当を約束しても、仮想通貨の出資なら無罪。この職場放棄は前総務大臣の行動を思い出すと、、どうやら監督官庁にありそう。最後は生命の安全を確保する役所の職場放棄。配合禁止のホルムアルデヒドが検出された商品について、配合していない場合の回収は、ケースバイケースとおっしゃる厚労省医薬品審査管理課担当官、ケースバイケースはメーカーの刑事罰であって、配合禁止薬物が検出された製品はリコール回収が道理。立法府、行政府、そして広告収入を経営基盤とする報道機関の職場放棄、あるいは職場法規。
「職場放棄」に野党反発、下村氏が幹事辞退へ11/14読売新聞配信
裁判:「同性婚認めぬのは違憲」複数カップル一斉提訴へ 11/14毎日新聞配信
桜田五輪相サポートへ職員増員 答弁不安「異例の対応」 11/14朝日新聞デジタル配信
キューバ大使宿泊、ヒルトン福岡が拒否 米の制裁理由に 11/14朝日新聞デジタル配信
投資集団、金融商品取引法の抜け穴に目付けたか11/14読売新聞配信
子ども向けマニキュアから有害物質 サンリオ、公表せず11/14朝日新聞デジタル配信
スポンサーサイト
  1. 2018/11/14(水) 11:52:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おもちゃ箱の中のおもちゃが壊れていることがみえると方針の変更が必要になる。 | ホーム | すし久兵衛の訴訟で、既得権益の司法判断がみられる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/2808-00975421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)