FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

世界的にも稀有な国民性

 そういえば日本のお客さまの前で握るすし職人は手袋していないけど、回転すしチェーンなどですし職人がいなくて顧客に見えないところで製造している人々はどうかというと、素手などありえないのが常識。工場でない作業場でも、帽子、マスク、手袋は必ずしている。だから、日本で米国同様の基準ができて反対するのは、歴史と伝統文化を守る店、組合、顧客はお好みの時価でカウンターでお召し上がりになる文化人。寿司文化は日本の民主主義のために必要だ・・・とどこかで聞いた主張が紹介される。産経新聞によると、VWを爆買いしている韓国人の国民性は世界的にも稀有な「倫理よりも安さをとる」らしいけど、日本人の国民性は世界的にも稀有な「安全よりも既得権益を守る」のだろう。経団連は、経営の活力を失わせるベースアップは過去の話と否定していたのに、簡単に既得権益どうしのギブアンドテイクしてしまう。生命保険料の値上げは当然だけど、なぜか「各社」が主語になった記事が登場する。このような日本人の国民性が前提で成立しているドメインにとっての強敵は、見えない戦闘機。たとえば、インターネット初売りの盛況ぶりは国民に見えない。
  すし職人がすしを握る際、ゴムまたはプラスチック製の手袋着用を義務付けたニューヨーク市の衛生基準に「反対」を唱える店が現れ始めた。日本料理の“伝統”を壊すだけでなく、衛生効果がどれだけ上がるか疑問とされるためだ。手袋着用の是非は、すし愛好者も巻き込み大きな論争となっている。1/2産経新聞配信
  ディーゼル車の排ガス規制逃れ問題に揺れるドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)。ブランドイメージの悪化や不正を指摘された一部ディーゼル車の販売中止もあって、販売台数は世界的に落ち込んでいるが、唯一「爆売れ」している国がある。そんな奇特な国はどこかというと…。そうお隣・韓国だ。VWが客離れを防ぐために実施した値引き販売に食いついているのだ。VWの値引き販売は何も韓国だけではないのに、なぜ韓国だけで売れているのか。そこには、「倫理よりも安さをとる」という世界的にも希有な韓国人の国民性が浮かび上がってきた。1/2産経新聞配信
  経団連の榊原定征さだゆき会長は、読売新聞などのインタビューに応じ、2016年春闘での賃上げ対応について、「(14年、15年のように)踏み込んでベースアップ(ベア)をこうするということはできない」と述べ、過去2年に比べてベア実施に慎重な考えを示した。 「業績が向上した企業は15年を上回る賃上げを期待したい」と話したものの、「賃上げはベアや定昇などを含めた年収ベースのものだ。業種で事情も異なるので、ベアをどうするかは各社の判断に任せたい」と述べるにとどめた。 17年4月の消費税率引き上げについては、「絶対に実行しなければならないし、安倍首相、政府もそういう考えだと思う」と、着実な実行を求めた。ただし、「8%引き上げ時に消費の反動減で苦い経験をしたが、繰り返してはならない」と語り、「住宅や車、家電などで、税制面の軽減措置や現金給付による消費喚起策などしっかりした準備を行うべきだ」との考えを示した。1/1読売新聞配信
  生命保険各社は、2017年4月以降の新規契約者から順次、生命保険や医療保険など主力商品の保険料を全面改定する。 低金利と平均寿命の延びを反映させるもので、16年から準備作業を始める。契約者の年齢によっては保険料が1割前後の増減となるなど、大規模な見直しになりそうだ。 大手生保関係者によると、見直しは2段階で行う。17年4月には、低金利で生保の資産運用成績が低迷していることを踏まえ、保険料を引き上げる。低金利に応じた全面見直しは13年4月以来だ。次いで、早ければ18年4月には、日本人の長寿化に対応した改定を07年4月以来、11年ぶりに行う。 実際の改定幅は各社の経営判断で異なるが、原則として加入年齢に応じて差が付く。1/2読売新聞配信
  2016年の初売りが1日、始まった。百貨店やショッピングセンター(SC)、家電量販店など大型の小売店には元日の早朝から買い物客が列をなし、にぎわいを見せた。特に今年は各社がインターネットでの販売にも注力。混雑を嫌う人や確実に目当ての福袋を手に入れたいという人を取り込み、商戦の熱気がウェブ空間にも本格的に広がり出した。1/1日本経済新聞配信
スポンサーサイト



  1. 2016/01/02(土) 10:21:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<知ってはいけないこと。 | ホーム | 同窓会は腐敗の温床>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/2012-2c682172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)