FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

非公開の確保

 30台後半の女性に、65歳の男性が「結婚したらどうか」という。これは、セクハラというより個人情報への傍若無人な侵略行為。結婚する意思があるのかないのか、できない事情があるのかないのか、非公開にする権利は基本的人権。ドラマなら受け流したセリフでシナリオは進行する場合もあるけど、平場では発言するという都男女共同参画社会推進議員連盟会長都議の発言を許しては、政策に反する。会長職はもちろん議員辞職が当然。50歳の(現在)独身男性が35歳独身女性に結婚しようという場面は、事情開示合意にいたるプロセスの存在が前提であり混同してはならない。会長都議は議員辞職が当然という価値観が日本人の間で共有化ができなければ、民間企業に女性の幹部社員登用の数値目標を設定したら、逆に差別が拡大してしまう。民間企業幹部が肝に銘じるべきことは、組織トップに聞いていけないこと、推測していけないことは何人に対してもいけないということ。大事なことは、非公開の確保、前工程と後工程全てに公開されない権利を守る価値観の醸成。
  今年6月の東京都議会で、本会議中に女性都議が「早く結婚した方がいいんじゃないか」とヤジを受けた問題を契機に、約5年半にわたって休眠中だった都議会の超党派でつくる「都男女共同参画社会推進議員連盟」の会合が16日開かれた。会長に選出された自民都議は会合後、報道陣の取材に対しヤジ問題について、「(議会など)公の場ではなく、平場(普通の場)なら『結婚したらどうだ』という話は僕だって言う」と語った。 この日、会長に就任したのは自民党の野島善司都議(65)。報道陣から「どういう場で言ってもセクハラになるのでは」と問われると、「平場は全くプライベートな場だ」などと説明。私的な場であれば問題はないとの考えを示した。 ヤジ問題を巡っては、自民党の男性都議がその後、発言を謝罪し、会派を離脱している。都議会は17日開会で、同僚の自民都議は「発言の真意はともかく、不用意な発言で、また議会が混乱しなければいいのだが」と語った。9/16読売新聞配信
  テレビ東京は16日、同局の大江麻理子キャスター(35)が、マネックス証券の松本大(おおき)社長(50)と結婚すると発表した。 大江さんは今春から、同局の経済情報番組「ワールドビジネスサテライト」を担当。「心の支えができた今、これまで以上に仕事にも邁進(まいしん)してまいります」とのコメントを出した。9/16読売新聞配信
  韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は16日の閣議で、「国民を代表する大統領に対する冒涜(ぼうとく)的な発言もその度を超えている」と述べた。 旅客船セウォル号が沈没した4月16日の行動が7時間、不明になったとされることに関連し、野党議員が「大統領が恋愛したという話」などの表現で言及し、行動の不透明さを批判したことに反発した。 朴氏が「空白の7時間」を巡るうわさについて公の席で発言するのは初めて。大統領は「国家の地位の低下や外交関係にも悪影響を及ぼしかねないことだ」とも語った。 この問題を巡っては、産経新聞のサイトが男性と会っていたとのうわさが流れたとするコラムを掲載し、ソウル中央地検が朴大統領の名誉を毀損(きそん)した疑いでコラムを執筆した加藤達也ソウル支局長を事情聴取している。9/16読売新聞配信
  韓国の太平洋戦争犠牲者遺族会(梁順任会長)は15日、ソウルで記者会見し、日本政府が1993年7月に元慰安婦16人に対して行った聞き取り調査の様子を収めた映像を初めて公開した。 いわゆる従軍慰安婦問題について謝罪した河野洋平官房長官談話を作成する過程で非公開を前提に撮影されたものだが、遺族会は「日本政府が河野談話を傷つけようとしている」として一方的に公開した。 公開された映像は、2人の証言が約17分に編集されたもの。キム・ボクソンと名乗る女性は、「18歳の時、日本の巡査と朝鮮人に腕をつかまれて外に連れていかれた」と話し、ユン・スンマンと名乗る女性は、「言うことを聞かないと腕をねじられた」と語った。9/16読売新聞配信
  菅官房長官は16日の記者会見で、河野談話作成時に政府が行った元慰安婦への聞き取り調査とされる映像の一部を韓国の市民団体が公表したことについて、「調査は非公開を前提に行われたもので、慎重であるべきだ。一部公開は理解に苦しむとともに、大変遺憾だ」と批判した。9/16読売新聞配信
  ジャーナリストの池上彰さん(64)は16日、長野県松本市での講演後、読売新聞の取材に応じ、朝日新聞の慰安婦報道検証記事を批判したコラムの掲載をいったん拒否された問題について、「(朝日新聞社の)第三者委員会の検証を見なければ(コラムの)連載を再開するかどうか判断できない」と述べた。 池上さんは「(コラムを)掲載しなかったことを謝罪し、慰安婦報道について謝罪すべきだという私の提言もきちんと反映させたことは評価する」とし、「今後の検証を見守る」と述べた。 この日の講演では、池上さんは掲載を拒否された経緯については触れず、「ここのところ意に反して翻弄されてしまった」と語り、問題発覚後、取材が殺到したことなどを披露した。9/16読売新聞配信
スポンサーサイト



  1. 2014/09/17(水) 08:37:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<危険察知スキル | ホーム | 確率の比較>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/1630-86682d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/18 09:32)

松本市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/09/18(木) 09:33:15 |
  2. ケノーベル エージェント