FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

需要者の選択する自由を奪って得た利益

 住友電気工業のカルテル摘発による株主の被害は、自首して免れなかった課徴金がメインらしい。もし制度がなかったら賠償すべき損害がない。本来は摘発による会社の信用毀損による受注の減少とかにならないといけない。ほんとに損害を受けたのは需要者国民であり、カルテルをしていた会社の株主の損害は自己責任の範囲。国民が求めるべきカルテルの抑止力は、カルテルしたら会社が潰れるレベルの実害の設定。たとえば、カルテル実行期間の代表取締役全員に10億円以下の罰金、禁固10年以上にする。カルテルのように違法行為ではなくても、消費者の自由を奪い搾取してあげた利益がいっぱいあるのが日本の社会。たとえば、消費増税で「現在のやりかたを変え努力して一品だけでいいから原価を下げろ」と要請した企業は摘発されているのに、消費者の実害顕著な便乗値上げと判断したケースなし。なぜなら、国の政策、税抜き価格のインフレ目標達成するためには便乗値上げが必要になるからである。選択する自由権利のために国民が求めるべき消費者庁の役割は情報に基づく事実調査と公表。逆に消費者が選択できないものには社会的規制が必要であり、たとえばタクシーは運賃の規制の前に運転手の規制を強化すべし。国民が理解すべきことは、需要者の選択する自由がないほうが供給者の利益は確保できるということ。読み取るヒントの例題は新聞記事のコメント。「言葉が十分に通じない外国人に任せるのは無理」「原因不明の鼻血等の症状を町役場に訴える町民が大勢いるという事実はない」
  光ケーブルなどを巡るカルテルを結び、独占禁止法違反(不当な取引制限)で約88億円の課徴金を納付した住友電気工業の当時の役員ら22人に同額の損害賠償を求めた株主代表訴訟で、役員らが会社に5億2000万円の解決金を支払う和解が7日、大阪地裁で成立した。外部調査委員会による原因究明や再発防止策の策定など、原告の株主側の要求も盛り込んだ。 原告側代理人によると、住友商事の銅取引損失を巡る約4億3千万円を上回り、株主代表訴訟の和解額としては過去最高とみられる。 和解内容では、3人の弁護士で構成する外部調査委員会が発生原因や責任の所在を調査し、再発防止策をまとめる。委員は株主側と会社側が1人ずつ推薦、残る1人は両者が一致して推薦する。 解決金は、内部通報制度の外部受付窓口の運営や、社員の研修プログラムの充実など「コンプライアンス体制の推進」費用に充てる。 訴状によると、同社は光ケーブルや自動車用電線「ワイヤハーネス」の販売で競合他社とカルテルを結んだなどとして、2010年と12年に公正取引委員会から計約88億円の課徴金納付命令を受けた。株主側は「経営陣がカルテルの防止義務を怠ったうえ、違反を自主申告して課徴金減免を受ける制度を利用せず会社に損害を与えた」と主張していた。 和解について住友電工広報部は「今までも社内教育を含めてコンプライアンス体制を整備してきたが、さらに再発防止に取り組む」としている。 内部監査に詳しい箱田順哉公認会計士は「企業不祥事の背景には内部統制の不備が隠されている。原因調査と法令順守の体制整備が和解に盛り込まれた点が注目される」と今回の和解を評価する。 コーポレートガバナンスに詳しい久保利英明弁護士は「企業の違法行為は国内外で高額な損害賠償のリスクもある。住友電工側が一企業の問題にせず、日本企業全体に対して実効性のある再発防止策を示せるかが重要だ」と指摘している。5/7日本経済新聞配信
  消費税率の引き上げから1か月間で、消費者庁の便乗値上げに関する専用ダイヤルに寄せられた情報や問い合わせが、1196件に上ったことが分かった。 同庁の阿南久長官が7日の記者会見で明らかにした。 このうち1104件は消費者から寄せられた。それまで500円(税込み)だった入浴施設の利用料が、4月以降550円(同)になったなど、税率引き上げ後の価格が税率以上に上昇しているという内容が多かったという。 同庁は、関係省庁に情報提供するなどして便乗値上げの有無を確認しているが、今のところ便乗値上げと判断したケースはないという。5/7読売新聞配信
  大手スーパーや家電量販などの異業種が相次いで提供を始めた格安スマートフォン(高機能携帯電話)がシニアの通信需要を呼び起こしている。イオンが4月上旬に発売した格安スマホの購入者の約6割が60代以上のシニア層であることが7日、分かった。同様の格安スマホを発売したビックカメラでも契約者の“高齢化”が目立つ。盛り上がるシニア需要を狙い、固定の光通信サービスを販売するNTT東日本も体験イベントの展開に乗り出した。 イオンが4月4日に全国170店で発売した格安スマホは、米グーグルと韓国LG電子が開発した端末「ネクサス4」と通信サービスの組み合わせで月額2980円と、大手通信事業者の半額以下で利用できるのが特徴。 通信サービスは、日本通信がNTTドコモの回線を借りて提供する毎秒最大200キロビットのデータ通信と30秒20円の音声通話。動画の視聴は困難だが、インターネット検索やメール送受信には支障なく使える。 通信サービスの登録を管理している日本通信の三田聖二社長は「契約者の8割が40代以上、6割が60代以上で、シニア層や主婦に売れている」と、驚きを隠さない。すでに予定の販売台数8000台のうち7000台以上が売れ、「今週内には完売の見通し」(イオン)という。5/7産経新聞配信
  4月に消費税が引き上げられてから最初の大型連休(ゴールデンウイーク)、レジャー施設の集客はおおむね底堅かった。前半は日並びが悪く苦戦するところが多かったが、4連休となった後半に盛り返した。今のところ「増税の影響は特別に感じていない」とする声が目立っている。5/7日本経済新聞配信
  グリーは月内にもインターネットを使った高級ブランド品の買い取り事業を始める。消費者が売却を申し込んでから最短24時間で代金を振り込むという。代金は現金のほか、グルメサイトのクーポンや電子マネーでも受け取れるのが特徴だ。携帯ゲームに強い同社だが、知名度を生かして電子商取引(EC)を本格的に展開する。5/8日本経済新聞配信
  タクシーの女性客に利尿剤入りの菓子を食べさせ、トイレを我慢させたまま降車させなかったとして、大阪府警門真署は7日、同府四條畷(しじょうなわて)市砂、個人タクシー運転手西利彦容疑者(41)を暴行と監禁の疑いで逮捕、送検したと発表した。「我慢する女性を見ると興奮した。40~50件繰り返した」と供述しているという。 発表などでは、西容疑者は昨年10月29日夕、大阪府門真市内で乗車した大阪市内の20歳代の女性に対し、利尿剤のフロセミドを混ぜたクラッカーを食べさせた後、高速道路に入り、女性がトイレに寄るよう頼んだのに断り、女性宅まで約1時間40分にわたり車内に閉じこめた疑い。 女性が警察に相談。同署は、利尿剤を飲ませて尿意を我慢させるなどした行為が暴行にあたると判断した。西容疑者宅にはフロセミド約120錠があり、「インターネットで購入した」と供述。車内の防犯カメラで撮影した動画も見つかり、トイレを我慢する複数の女性が映っていたという。5/8読売新聞配信
  漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」の4月28日発売号に掲載された「美味(おい)しんぼ」(作・雁屋哲、画・花咲アキラ)の作中で、福島県を取材してきた登場人物が鼻血を出すなどの表現があった件を巡り、東京電力福島第一原発の立地自治体の同県双葉町は7日、県民への差別の助長につながるなどとして、雑誌発行元の小学館に抗議文を送った。 抗議文で同町は、「県産農産物は買えない」「福島方面への旅行は中止したい」といった電話が町役場に寄せられているとし、「復興を進める福島県全体にとって許しがたい風評被害を生じさせている」などとしている。 鼻血のシーンで、作中の前町長が「同じ症状の人が大勢いる」との内容の発言をしたことに対し、抗議文では、「原発事故直後から全町避難を強いられているが、原因不明の鼻血等の症状を町役場に訴える町民が大勢いるという事実はない」としている。 同町によると、抗議文はファクスと電子メールで小学館に送付し、町のホームページ上で発表した。5/7読売新聞配信
  自民党の丹羽雄哉・元厚相と、民主党の山井和則・元厚生労働政務官は7日夜、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、介護現場の人手不足について議論した。 丹羽氏は「介護の仕事は『家事の延長』と見られ、賃金が安く抑えられてきた」と背景を分析。山井氏は「在宅介護が十分に受けられず、施設へ入所する人もいる」と深刻な実態を紹介した。 その上で丹羽氏は「来年4月の介護報酬引き上げが必要。国民にも保険料や税の負担をお願いしなければならない」と主張し、山井氏も賛同した。また、政府が外国人技能実習制度を介護分野へ拡大する検討をしていることについては、山井氏が「言葉が十分に通じない外国人に任せるのは無理」と強く反対した。5/7読売新聞配信
スポンサーサイト



  1. 2014/05/08(木) 07:31:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<同一労働同一賃金の計算は生涯通算で | ホーム | 改革を恐れない、こだわり続ける>>

コメント

カルテル撲滅

我が社、住友電工は、は社員はもちろん、子会社の平社員にいたる
全員に、必修研修を法務部にて、
贈賄、談合の禁止、書類による合意、を徹底させるべく、
毎年行っております。

カッターで怪我が発生しましたので、全社員の引出し
をチェックして、カッターを撲滅しました。

この会社なら、だまって任せられる、となるべく
子会社に至るまでホワイトな企業をめざしています。

今回の件は、何かの行き違いです。どうか許して下さい。

ご安全に。
  1. 2014/05/08(木) 20:02:46 |
  2. URL |
  3. 一般管理職B #A6V6PI8k
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ihsoatikih.blog47.fc2.com/tb.php/1516-0590d688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)