FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

登場しない安全確保のための議論

スポーツの結果で大事なのはもちろん勝敗。だけど、振興のために必要な興行という観点からは、観客の興奮、感動をコアにした満足感も結果評価のファクターになる。なので、試合時間や会場のコントロールが必要になる。たとえば、夏は暑いのでマラソンは空調設備のあるドーム球場で100周することにしたらどうか。アスリートファーストは実現しても。興行としては成立しない。今後、Eスポーツが成長できるかどうかも、観客の感動と興奮が鍵になる。この軸で高レベルなのが、ワールドカップ、世界選手権、オリンピックであり、現実には実力の結果と選手の安全と観客(放映と現場会場)の利便、そして政治意図のバランスで決まる。かくして、日本ラグビーは準備と団結の勝利という評価となる。でも、そもそも競争で結果を競う大会ビジネスの必要条件は選手と観客の安全確保であり、あるべき社会的規制の検討のため、第三者の客観的評価が必要。当事者は論理的科学的議論を避ける。たとえばボート転覆で死亡のレース種目。たぶん、論理的、科学的議論は起きないだろう。ドーハの世界陸上の深夜マラソンと、高校野球選手権の午後1時開始の決勝戦の比較もご法度。安全より利権を優先させている印象は避ける。安全の評価の議論が頻繁に登場すると、小中学校の組体操は全部なくなったり、ブロック塀が禁止されたり利権に影響がでる。さて最も安全の評価が必要な領域は防衛費をどれだけにするかだけど、産経の主張に対して議論は沸騰するか。イージスアショアなどパーツのプロセスは頻繁に登場するけど、結果のあるべき目標の議論は期待薄。地方創生も安全という軸での必要な議論が欠ける。たとえば東京一極集中がなぜいけないか。これも安全確保に関する議論はない。国土強靭化のためには、都道府県を合併して必要な地域に必要な投資を推進するべきだ。この意見も登場を阻止する。地価が下がるのでハザードマップは公開禁止にしようと考えている人々が困るから。
【主張】日本ラグビー 準備と団結の快勝である9/29産経新聞配信
世界陸上 ドーハ、32度の23時59分号砲 28人棄権 選手ら「一番過酷」 深夜マラソン、暗中模索9/29毎日新聞配信
ボート転覆、25歳女性死亡 長野・天竜川、レース中9/28産経新聞配信
【主張】令和初の防衛白書 「GDP1%」で守れるか9/29産経新聞配信
地方創生「取り組み強化」=東京一極集中是正で-北村担当相9/28時事通信配信
スポンサーサイト



  1. 2019/09/29(日) 09:30:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ