FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

単純明解領域にある落とし穴。

10連休といってももちろん日本だけ。そこで心配なのは、世界の都合で変動する流動資産。ヘッジできる運用額の規模のないマーケット参加者は当然リスクオフに向かうわけだけど、そこは単純でない領域。平民が知るべきことは、波乱含みの場面でカモにされるのは素人が世の常であるということ。逆に順当な単純明解領域は素人が活躍できる。たとえば、メガバンクATMでみずほ銀行だけ現金不足になった。ということが知らしめられた。送金ができないからという理由は報じられなかったけど素人の活躍を甘くみた失敗。逆に素人には怖い見えない落とし穴もある。好調により店セール延長。大好評につきさらにおとくな新キャンペーン。来年認可される見込みがなくなったので、いまのうちにとれるだけとっておこう。だが、すでにこの領域は単純明解から、素人がカモにされる波乱含みに変わってる。おとなしくしておけば2.3年で許してもよかったが、悪あがきしてケンカを売るなど身の程知らずの極み。永久にほしてやる順・・・・もちろんカモにしたのは国ではなくて経費率50%実現した代理店。表に見えることはない。管理監督権力者の失敗もある。順当単純明解領域であるはずの職務質問、犯罪摘発。工具もってたら職務質問連行。構図は、僧衣で運転取り締まりと酷似。訴えられた警視庁が敗訴したときの賠償金だけでなく司法コストは都民の税金。深刻なのは有利になるほんとの悪い人にカモにされること。
10連休明け、東証波乱含みの相場展開も 4/26産経新聞配信
10連休前、都内ATMで一時現金不足 みずほ銀、引き出し殺到4/26産経新聞配信
泉佐野市が新キャンペーン アマギフ最大30%上乗せ ふるさと納税で国に対抗4/26毎日新聞配信
工事業者の男性「工具もってただけで警察に連行され、取り調べ受けた」国賠提訴4/26弁護士ドットコム
  1. 2019/04/27(土) 08:03:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ