FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

必要なアスリート生命安全ファースト対策

ご存知の通り、サマータイムは日本でも70年前の1948年占領下で占領国の方針で実施された。残業が増えて、寝不足になるという不評が多かったみたいで独立したらすぐやめた。で時は変わり、森尚閣総辞職数年後の2004年約15年前、超党派の推進議員連。が実現を目指すがいろいろあってとん挫。で2018年。コンピューターシステムのコントロールも、IT技術の進歩で問題は減少するかもしれないけど、他にもいっぱいあるから、準備には元号変更以上の期間が必要なことが問題。2020年実施しようとしたらハイリスクを国民全体が負うことになりそう。地球温暖化対策なら賛成もあるけど、米国のテレビ中継アメリカファーストのためなんて、とてもとても。ま、とにかくいまさら10月にできないので、実現可能な具体策について有識者の検討を期待すべし。たとえばアスリートファーストでは、生命の安全ファースト。注目は今年の教訓は日本大学グループの勝利至上主義。オリンピック同様、10月に開催できない、試合時効もルールも変更できない、100回記念大会のオペレーション。西東京大会の本部の発表がなぜか主催新聞社WEB検索でヒットしない。ビジネスあってこその、汗と涙と感動は仕方ないけど、アスリ-トの生命安全ファーをもう検討しようという声が必要なモデルになる。勝利もビジネスも必要だけど、至上主義はいけない。頑張って欲しいのは、元首相よりやっぱり文科省の優秀な官僚。接待されることと横領はしない。
 (東京五輪の暑さ対策をめぐり、森喜朗元首相がサマータイムの導入を申し入れていることについて)オリンピックって朝だけやるわけじゃないんだから、サマータイムを導入したからって何が解決するんですかという話だと思う。昼間だって競技があるわけですから、暑さ対策を心配するなら、オリンピックの開催時期を9月か10月に変えるべきだ。いまなら間に合いますから。それが暑さ対策だ。 オリンピックの時期だけサマータイムを導入したら、日本中大混乱になる。目覚まし時計をちょっと合わせるだけじゃないですからね。コンピューターから何から、システム全体、時間を変えなきゃいけない。 だいたい、体育の日というのは(制定時は)10月10日だ。1964年のオリンピックは10月10日が開会式なわけですから。そういうふうにしたらいいじゃないですか。それがアスリートファーストというやり方だ。(国会内での記者会見で)7/30朝日新聞デジタル配信
 第100回全国高校野球選手権の西東京大会の本部は30日、日大鶴ケ丘の勝又温史投手が、同日行われた日大三との決勝(神宮)の後に体調不良を訴え、救急搬送されたと発表した。東京都内の病院で脱水症状を伴う熱中症と診断され、現在は回復に向かっている。 勝又は5番投手で先発出場。九回にサヨナラ2ランを浴びるまで154球を投げていた。 7/30時事通信配信
 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、日大が設置した第三者委員会は最終報告書で、田中英寿理事長にも危機管理対応を怠った責任を指摘した。一連の問題は本来、運動部を統括する保健体育審議会会長の大塚吉兵衛(きちべえ)学長が対応する。法人トップの理事長にまで言及したのは、全学を巻き込んだ不祥事に発展しただけでなく、スポーツ強化と大学経営が密に結びついたことが背景にある。 スポーツ強化が大学のブランド力を高めて志願者を増やし、経営をより安定させる。その構造の中で勝利至上主義が求められ、看板のアメフト部では内田正人前監督の独裁体制が敷かれ今回の問題を生んだ。7/31朝日新聞デジタル配信
 文部科学省は30日、課長補佐級の40歳代の男性職員が出向先の京都教育大学で教育後援会費を着服し、文科省異動後も横領を続けたとして、懲戒免職処分とした。着服額は計約770万円になるという。 文科省によると、この職員は2015年4月に、京都教育大学に異動。10月ごろから着服を始め、今年4月に文科省に異動した後も、通帳を大学に戻さず、6月下旬までに約46万円を使った。後任に書類が引き継がれなかったことから大学側が調査し問題が発覚した。 大学側の調べに職員は「スマホゲームの課金支払いやプレミア付きの中古プラモデルの購入などにあてた」と釈明したという。職員が全額弁済しているため、刑事告訴はしない方針。 教育後援会費は、新入生の保護者が3万円を拠出し、学生の課外活動や留学の補助などに充てられている。 同大の担当者は「日常の業務はしっかりとしていただけに困惑している」と話す。文科省の担当者は「極めて遺憾。綱紀粛正に努めたい」とした。7/30読売新聞配信
スポンサーサイト



  1. 2018/07/31(火) 09:18:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ