FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

実現可能な目的が大事

5/26の加計学園の虚偽の自白後、愛媛県知事のコメントと国会審議を見た人々に創造されたと思われる印象は以下の通り。5/26に加計学園が発表したのは、予算委員会直前のタイミングで野党の矛先を狂わせるため。誤った情報を提供したのは断定ではなく思っているという表現で真実の可能性を残しているのは、首相サイドへのけん制。実は会っていたのに首相から誤ったといえという指示があったと推定されるような状況証拠を作り、愛媛県知事をけん制している。愛媛県庁へのアポなし訪問は、説明が目的ではなく面会の意思表示と面会しない目的を達成するための行動。県知事は、次回選挙で今治市への補助金見直しを争点に、政府与党候補と戦かおうとしている。では、加計への攻撃側の目的やいかに。①総理を収賄罪で有罪とし、一気に政権交代。②プロセスに曇りはなかったが、前提の石破4条件が政治献金の見返りの賜物であるから無効。新潟も京都も申請を可能にする。③特区制度は憲法違反だから廃止し経済的規制を全廃する。④諸悪の根源は畜産利権を守るために需給の見解を示さない農水省にある。監督官庁を厚労省に移管すべし。⑤愛媛県は加計と今治市にだまされていたのだから補助金はカットし、加計は授業料の値上げと寄付で対応する。ざっとこんなとこ。このうち実現可能なのは⑤ぐらいなのだけど、メディアも野党もいわない。そも野党は、1校も認めるべきでなかったと新潟も京都も認めるべきだったで意見が分かれる。前者の立場が鮮明なのは、国民民主党代表と元文部次官殿ぐらいで、今からできることを目的にした展開を期待できるようにしてほしいところ。すぐにはできないが、下々の平民の願いは政治献金と政治資金の規制の強化。不思議に登場しないのは既得権益を守るために税金が使用される構図を否定する意見。例外なき交際費への課税。たとえば、政治家や官僚を招待して行われる、民間企業主催のバーベキュー大会。経費と認めず。政党員の党費の立て替えも同じ。議員が立て替えた場合は、党員に対して定期支給として贈与税を課す。立て替えられた党員がまさるという名前があっても人間でなかった場合は詐欺罪で告発。もちろん政党の罰金収入は助成金より減額する。なお、わが瑞穂の国の大きすぎるのが土地建物所有者の既得権得権益。崩すために必要なのが伝統的価値観を変えること。注目はコード8848の株価。食べるために住む所を選べない人々の権利の評価。
 愛媛県今治市の獣医学部新設をめぐり、学校法人「加計(かけ)学園」の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会したと県の文書に記されている問題で、県は28日、「県と市に誤った情報を与えた」と学園がコメントを出したことについて、週が明けた28日になっても学園から県に連絡がないと明らかにした。 中村時広・県知事は28日、報道陣に「ちゃんと説明があって、その後に責任者が記者会見するのが世の中の常識」と述べ、学園の対応を改めて批判した。県によると、28日夕までに学園からの連絡はなく、報道各社に26日にファクスで送られたコメントも届いていないという。市にも連絡はなく、県は今後、学園への対応を市と協議する。 県は、学園に約93億円を補助する市に、約30億円を支援する。県幹部は「(誤った情報が)ほかにもないか確認しないといけない。国会の集中審議の2日前に言うのはおかしい」と不信感を示した。知事与党のある県議は「学園への信頼が損なわれている。県民の税金を使う話なので、支出の是非を議会で議論する必要がある」と話した。 学園は28日、県への連絡や会見の予定がないかという朝日新聞の取材に対し、「質問、取材への対応を控えさせていただきます」と文書で回答した。5/29朝日新聞デジタル配信
 愛媛県の中村時広知事は29日、東京都内で記者団に対し、学校法人「加計学園」が愛媛県文書に記載されていた安倍晋三首相と学園理事長による2015年2月の会談を「誤り」とするコメントを出したことを受け、学園側に直接説明を求める考えを示した。 中村知事は、学園関係者が28日に約束を取り付けずに県庁を突然訪ねてきたことを明かし、「アポイントは取って来た方がいい。学園の信頼を高めるためにも、速やかに正直に(説明を)やられた方がいい」と不快感を示した。 5/29時事通信配信
 学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡り、愛媛県の中村時広知事は29日、安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長との面会を否定するコメントを学園が報道各社に発表したことに関し「これだけの問題なら最高責任者が説明するのが当然。それが学園の信頼を確保することになる」と加計氏による県への説明を求めた。原発関連の予算要望で訪問した経済産業省で取材に応じた。5/29産経新聞配信
 自民党の山口泰明組織運動本部長は28日の記者会見で、党所属国会議員の昨年1年間の党員獲得数ランキングを発表した。トップは武田良太副幹事長(福岡11区)で獲得党員数は1万1244人に上った。2位は堀内詔子衆院議員(山梨2区)、3位は二階俊博幹事長(和歌山3区)だった。約2割の国会議員がノルマの1千人に到達しなかった。 党員獲得数の下位10人は井上貴博(福岡1区)、小田原潔(比例東京)、越智隆雄(同)、津島淳(青森1区)、原田義昭(福岡5区)、村井英樹(埼玉1区)、山田美樹(比例東京)の各衆院議員と、石井浩郎(秋田)、中泉松司(同)、山崎正昭(福井)の各参院議員。 ワースト10の順位や獲得数は「武士の情け」(山口氏)で非公表となったが、最下位の議員の党員獲得数は100人台にとどまったという。 目標の党員1千人を獲得できなかった議員は、不足分1人につき2千円の罰金を各都道府県連に納付する。5/28産経新聞配信
 賃貸大手「レオパレス21」(東京)は29日、1996~2009年に建てた2~3階建ての鉄骨・木造アパートの一部で、延焼や音漏れを防ぐために天井裏に設置されているはずの壁がない可能性があると発表した。 建築基準法違反の疑いがあるという。調査した290棟のうち埼玉や大阪など12都府県の計38棟は建築確認図面と異なり、壁がなかったり壁の一部がなかったりした。同社はこれらのアパートと同じ6タイプ、1万3791棟を含めて全国の3万7853棟を調べる。5/29読売新聞配信
スポンサーサイト
  1. 2018/05/30(水) 08:27:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ