FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

消費側データーの欠落

総務省の家計調査といえば、軽減税率の対象額を計算したら実際の半分にしかならなかったという絶対額の測定には不向きの指標。だけどご当地名物商品ギョーザなどの場合は、供給側統計ではおみやげか自家消費かがわからないから、しかたない。日本で消費側に有効な指標がない理由は、小売りチェーンのシェアが低いこと。POS情報の集積などの結果は、サンプルの標準化が困難なためあてにならないのが定説。コンビニ業界はチェーンだけといっても、それはコンピニだけの話。かくして、ギョーザ購入額の浜松市と宇都宮市のどちらが伸び率が高いかはわかっても、どちらがたくさんかはわからない。高齢者の買い物難民が700万人という推計も似たロジッック。同様のアプローチで日常商品通販事業の設計時に間違いやすいところ。お金はないけどヒマがある人をターゲットにすればビシネスモデルは変わる。また、消費側の統計欠落が国民に不利益ももたらす場合もある。たとえば学生の旅行代金とか、管理職のタクシー代金。じゃあ、マイナス金利導入決定で日本国民の消費動向を推定できる統計はあるや否や。答えはもちろん「なし」だけどあったら政策決定者と承認者は困る。もし消費者側の測定データーがあれば、先行欧州の失敗を学べば、、銀行だけではなく貯金者も手数料を支払う日本型マイナス金利が正しいことがわかってしまう。困る人はもちろんお金持ちとお金持ちに支えられている人々。正しい財務省発案還付式日本型軽減税率を葬り去った人々。
 ギョーザの世帯あたりの購入額で、浜松市が2015年の首位になったことが29日、総務省の家計調査でわかった。 浜松市がライバルの宇都宮市を抑えて日本一になるのは、2年連続。 この日の午前8時半過ぎ、市職員や、マスコットキャラクター「出世大名家康くん」がパソコンの画面で結果を確認。市職員が「浜松市が首位になりました」と声を上げると、大きな拍手がわき起こった。 市が15年の家計調査を分析したところ、ギョーザの年間購入額は、浜松市が4646円で、2位の宇都宮市の3981円を大きく引き離した。調査は、スーパーなどで購入した生と焼き上がりのギョーザが対象で、外食は含まれていない。 宇都宮市は1996年から15年間首位だったが、東日本大震災の影響でスーパーが休業となり、2011年に浜松市に日本一を明け渡していた。以降、両市は毎年首位を争っている。 地元有志で構成される「浜松餃子ギョーザ学会」によると、浜松ギョーザは、キャベツを中心に野菜がたっぷり盛り込まれ、皮は薄くて食べやすいため、消費量が多い。浜松では、自宅に総菜を持ち帰って食べる文化が根付いており、ギョーザの持ち帰り店が多いという。 同学会の担当者は「浜松市民が心からギョーザを愛した結果。ギョーザで街が盛り上がっていければ」と喜んだ。浜松市観光・シティプロモーション課の加藤智春課長補佐は「ギョーザの街・浜松を全国にPRし、多くの人に味わってもらいたい」と話した。 一方、宇都宮市の佐藤栄一市長は「順位にかかわらず、ギョーザは街づくりの一つの柱。引き続き、関係団体や市民と一体となって盛り上げていきたい」との談話を出した。1/30読売新聞配信
 高齢になり、日用品などの買い物に不便を感じる「買い物弱者」が増えている。内閣府の調査によると、高齢者の約17%が「買い物に不便を感じている」と回答した。60歳以上の高齢者数から買い物弱者を推計すると、その数は全国で約700万人に達する。自動車以外の移動手段に乏しい地方で特に目立っている。1/30日本経済新聞配信
 大学生ら15人が死亡した長野県軽井沢町の大型バス転落事故で、運行会社「イーエスピー」(東京)は30日までに、発生時にハンドルを握っていた土屋広運転手(65)=死亡=に対する運転研修が1回だったと明らかにした。これまで2回としていた。 運行管理者の荒井強本社所長は報道陣に「しっかり研修させないといけなかったが、仕事の量が多くなり、(十分な)研修をしないで乗せてしまった」と釈明した。「不慣れで危ないと思わなかったのか」との問いには「そう思ったが(乗務させなければ)仕事が回らなかった」と話した。 同社によると、土屋運転手は、昨年12月の採用面接で「大型バスは慣れておらず、苦手だ」という趣旨の話をしていた。 長野県警からの聴取を受ける過程で、正しい研修回数が分かった。土屋運転手は昨年12月、長野県のスキー場に客を迎えに行く際に、研修として運転。同じ日の帰りのバスでは、実務として客を乗せて運転したという。 土屋運転手は昨年12月まで勤めていた会社では、中型専門だった。 事故では大学生13人と、交代要員を含む運転手2人が死亡し、長野県警は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで捜査。事故車両のギアがエンジンブレーキの利かないニュートラルの状態だったことが判明しており、操作を誤った可能性もあるとみている。〔共同〕1/30日本経済新聞配信
 タクシー料金を払わず運転手を殴るなどしたとして、警視庁高井戸署は30日までに、みずほ銀行公共法人部長、小山田泰幸容疑者(51)=東京都杉並区=を強盗の疑いで逮捕した。高井戸署によると、小山田容疑者は「蹴ったり殴ったりしていない」と容疑を否認している。 逮捕容疑は28日午後11時ごろ、杉並区松庵の自宅前の路上で、タクシー料金約7千円を払わずに降り、追いかけてきた50代の男性運転手の足を蹴ったり、胸を殴ったりした疑い。 同署によると、小山田容疑者は当時、酒に酔っていたという。 みずほ銀行は「行員が逮捕されたことは非常に残念であり、深くおわびする。事実関係を踏まえ、厳正に対処する」と話している。1/30日本経済新聞配信
 日銀のマイナス金利導入決定を受け、米欧の株式相場が29日、大幅に上昇した。米ダウ工業株30種平均は前日比396ドル(2.5%)高と5カ月ぶりの上げ幅を記録。英仏の株価指数も2%超上昇した。投資家の間で積極的に運用リスクを取るムードが強まり、株への買いが活発になった。1/30日本経済新聞配信
スポンサーサイト
  1. 2016/01/31(日) 07:40:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ