FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

同窓会は腐敗の温床

 もし、日本で中国同様権限保有公務員に対して、同窓会の出席を禁止するというルールを作ったら、効果があるや否や。測定対象は腐敗はプロセスだから歳出抑制という結果に対して。規制のターゲットは官僚に加えて、国と地方のすべて政治家、同窓会だけでなくすべての会合としたら、増税額は少なくてすむ可能性大。既得権益を持たない国民としては、選挙公約で実現不能でもいいから、宗教法人への課税優遇廃止財源とか、中小企業への外形標準課税導入とか、非耕作地への宅地並み課税とかがでて欲しいところ。相続ずる財産のない国民の立場としとて、相続する財産がいっぱいある国民に対して適用してほしい税制は、税率アップではなく公正な課税。公正証書遺言がない場合は1000万円を超える金額に対して100%の相続税とかのルールがいい。制限速度を守るドライバーが、スピード違反をする車に対して臨む規制は、排気量2000cc以上の車へのタコメーターの記録義務づけと、インターチェンジでの抜き打ち検問調査。監視カメラはあったほうがいいは、さすがに不快で反対の3倍だけど、安全確保機能、えん罪防止機能を知らしめればその差はもっと拡大する。特に、東京五輪・パラリンピックを控えているのだから安全確保に対して公正な負担があってしかるべき。財源にコンピューターが番号を選ぶ100円のBIGの新規発売。これは不公正の拡大。くじの当選金は不労所得、不努力所得。国民の体力、知力向上につながらない。ドル円と日経平均株価を予測してあてたら賞金のくじがいい。腐敗の温床は増えようがない
  中国政府は30日までに、腐敗の温床になりかねないとして、官僚に対して年始と2月の春節(旧正月)期間中に同窓会への出席を原則禁止する通知を出した。住民には公金で飲み食いする官僚を見かけた場合は通報するよう要請。後を絶たない腐敗に市民の不満が募っており、対策をさらに強化した。  「2016年元旦と春節期間中の仕事に関する通知」によると、公金を使った旅行や娯楽活動、爆竹など正月用品の贈り物は厳禁。公用車を私用で使ったり、冠婚葬祭を取り仕切って集金したりしてはならないとした。(共同12/30毎日新聞配信
  自民、公明両党は来年夏の参院選に向け、1月から選挙協力の調整を本格化させる。 公明党が新たに候補を擁立した愛知など3選挙区で、競合する自民党の候補者とどうすみ分けるかが焦点だ。参院選の行方を左右する「1人区」の勝敗に影響しかねないとの見方も出ている。 公明党は来夏参院選の選挙区選で、7選挙区に候補者を擁立する。前回2013年の参院選は改選定数5の東京(次回から改選定数6)、神奈川(改選定数4)、埼玉(同3)、大阪(同4)の4選挙区だったが、「1票の格差」是正のため改選定数が1増された愛知(次回から改選定数4)、兵庫(同3)、福岡(同3)にも擁立することにした。同党にとっては過去最多の擁立数で、山口代表は「党勢拡大の挑戦」と位置づけている。12/30読売新聞配信
  証人立ち会いの下、公証人が作成する「遺言公正証書」の作成件数が増えている。課税対象者を広げる改正相続税法(2013年成立)が15年1月に施行され、遺産分割で親族同士がもめる「争族」を防ぐ手段として注目を集める。証書作成は14年に初めて10万件を突破し、今年はさらに上回る見通しだ。専門家は「トラブル防止のため早めに準備したほうがいい」と助言する。12/31日本経済新聞配信
  大阪府警高速隊は、高速道路の交通量が増える年末年始に向けて、交通違反の取り締まりに事故処理車を初めて導入した。 ドライバーには「事故処理車は違反切符を切らない」という思い込みがみられるといい、ワゴン車の見晴らしの良さも生かし、シートベルト着用や運転中の携帯電話使用などの違反を取り締まる。 高速隊は通常、機動性に優れたパトカーや覆面パトカーで取り締まりを行うが、「巡回に出ると、周囲の車は警戒する状況」という。 そこで今月から、渋滞時や雨天の速度規制中に、7台ある事故処理車を取り締まりに出動させる試みを始めた。交通事故の発生時に後続車の誘導などに使われるワゴン車のため、違反切符を交付され、「えっ、まさか」と驚くドライバーは少なくないという。 高速隊の久保田耕一副隊長は「ドライバーには常に緊張感を持ち、交通ルールを守り、安全運転を心がけてほしい」と話している。12/30読売新聞配信
  繁華街や駐車場などに防犯カメラを「もっと設置すべきだ」と考える人が約60%に上ることが30日までに、民間の意識調査で分かった。「監視されている」などと防犯カメラに不快感を持つ人も約15%いた。 綜合警備保障(ALSOK)が10月、インターネットで20~69歳の男女500人に尋ねた。 防犯カメラが「10年前と比べて増えていると思う」人は74.8%。「もっと設置したほうがいい」は59.2%に上った。12/30日本経済新聞配信
  2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の整備費確保に向け、スポーツ振興くじ(サッカーくじ)を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)が、コンピューターが無作為に結果を選択するくじ「ビッグ」で、現行商品より安い1口100円の新商品を16年4月から販売することが30日、関係者への取材で分かった。 政府は新国立競技場整備費の半分以上を、事実上くじの売り上げに頼る枠組みをまとめている。JSCは現在1口200~300円の計3種類があるビッグに、より安価で購入しやすい新商品を加え、売り上げを伸ばしたい考えだ。 新国立競技場は建設財源確保が課題となっており、今回の新商品とは別に、くじの売り上げから競技場の財源に充てる割合を5%から10%に引き上げる関連法改正が議論されている。ラグビーやバスケットボールをくじの対象とすることも検討されている。12/31産経新聞配信
スポンサーサイト
  1. 2015/12/31(木) 09:39:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ