FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

引き継いだ資産を守る人々に必要な理念

 政府が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の日米協議で、米国から輸入する主食用のコメの量を拡大させる特別枠の新設を検討していることが分かった。 日本のコメ市場の開放を強く求める米国に配慮する姿勢を示し、合意点を探る考えだ。特別枠による輸入量の拡大は年間数万トン程度にとどまるとみられる。 日本は、世界貿易機関(WTO)のルールに基づき、一定量の外国産米をミニマム・アクセス米(MA米)として無関税で輸入している。これとは別の輸入枠を新設し、無関税か低関税で米国産のコメを優遇する。現在、MA米の輸入枠は年間77万トンで、米国から36万トンを輸入している。 日米は昨春、米国産コメの輸入を増やすことで合意し、具体策について協議をしてきた。当初、MA米の枠内での優遇を検討していたが、代わりにタイや中国など他国からの輸入を減らす必要がある。調整が難航する可能性が高いため、別枠方式が浮上した。日米はワシントンで28日から再開する事務レベル協議で、詰めの交渉に入る見通しだ。1/29読売新聞配信
 国内の造船最大手、今治造船は大型の建造設備(ドック)を香川県丸亀市に設ける。約400億円を投じて2016年10月に稼働する。国内の大型ドック新設は16年ぶり。日本メーカーは2000年代に入って韓国や中国の企業に受注を奪われてきたが、円安が進んで価格競争力が回復してきたことで投資に踏み切る。円安を背景に製造業が国内生産を増やす動きが広がりつつある。1/29日本経済新聞配信
 ガソリンが27週連続で値下がりし、約4年ぶりの安値となった。資源エネルギー庁が28日発表した26日時点のレギュラーガソリン店頭価格(全国平均)は前週比3.4円安の1リットル136.2円だった。原油安により、直近の高値を付けた2014年7月から2割下落した。ただ、長期化する価格下落が消費拡大に結びついていないとの声もある。 石油連盟によると、元売りなどを含む1月18~24日の出荷量は前年同期と比べ約4%少ない。3週連続で前年を下回った。店頭では「12月の販売量は前年並みだったが、1月は前年比5~10%程度少ない」(都内の特約店)と指摘する声も少なくない。 年末年始の高速道路の利用は低調だった。国土交通省によると、14年12月24日~15年1月4日の高速道路の交通量は1日平均で前年比7%減った。降雪の影響により、電車などを利用する人が多かったようだ。 ドライバーには「食品などの値上げが相次ぎ、ガソリンが安いからといって車をどんどん使おうとは思わない」(都内で給油した50代の女性)と話す人もいる。1/28日本経済新聞配信
 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランド(OLC)は、4月上旬をめどに東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の入場料を引き上げる方針を固めた。TDLかTDSで1日自由に使える「1デーパスポート」を現在の大人6400円から、400~500円値上げする案を軸に調整している。1/29日本経済新聞配信
 安倍首相は28日の参院本会議で、「資本を持つ者と持たない者の貧富の格差は開くばかりだ」と説くフランスの経済学者トマ・ピケティ氏の主張に否定的な見方を示した。 日本を元気にする会の松田公太氏の質問に答えた。 ピケティ氏は世界的ベストセラー「21世紀の資本」の著者として知られる。首相は、ピケティ氏が格差解消の処方箋として挙げる富裕層に対する世界的な資産課税強化について、「執行面でなかなか難しい面もある」と述べた。 一方、松田氏が「ピケティ氏は首相の金融緩和政策に否定的な見方をしている」と指摘すると、首相は「日銀による金融緩和は固定化したデフレマインドを一掃し、持続的な経済成長の実現を目指すものだ」と反論した。1/29読売新聞配信
  1. 2015/01/29(木) 10:05:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ