FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

印象にとらわれずに具体的な計算をしよう

 たかだか3日分の食糧備蓄の義務なのに、中小企業の負担が大きいから補助金だしたりや税制を変えようだなんて・・・。この話も印象だけで具体的な計算がない。記事の例の従業員70人のケース。まず購入コストは、水6リットルとごはんと缶詰9食とすると2000円程度×70人=14万円程度でたいしたことない。問題の容積だけどだいたい2メートルの高さまで積み上げるとしたら、必要な面積は2坪ぐらい。都内は家賃が高いから、そこが問題となると「水」さえなんとかすればいいということになる。平日の昼の買い物ポイントと電力会社のピークカット奨励金、具体的な計算したら電力会社の損。昼食とらなければ夕食はたくさん食べることはあっても、昼間クーラー使用しない分、夜多く使うということはないから。ただし、全体の絶対需要が供給能力を上回ってしまい、たくさん買う人は高くなるという料金体系なら効果大。AKB48の運営会社「AKS」の具体的計算。握手会中止減収、金属探知機コスト、答えは会社受取人の傷害保険加入。上場企業の株主配当にあるけどけど、非上場企業のオーナーの取り分にはない具体的計算。導きだされるのは、勤勉な勤労者の所得税を下げて、赤字法人の課税と中小企業優遇措置を廃止。
  東京都内で352万人もの帰宅困難者が出た東日本大震災を教訓に、3日分の従業員の食料や飲料水の備蓄を企業の努力義務とした都の条例施行から1年余り。 初の実態調査では、中小企業を中心に備蓄が進んでいない実態が明らかになった。専門家は「中小企業の負担を減らす方策を早急にとるべきだ」と指摘している。 「災害への備えの必要性は分かっているが、3日分はとても無理」。東京都中央区のオフィス街のテナントビルに入居している、ある企業の防災担当者はこう漏らす。 この会社では、東日本大震災後、従業員向けの飲料水や乾パンなどの食料品の備蓄に取り組んでいる。1フロアに70~80人が働いているが、現在、社内で確保できているのは1日分にあたる200食程度にとどまる。この担当者は「社内の共有スペースなどに備蓄品を置くようにしているが、場所を確保するのが厳しい。そのために部屋を新たに借りるのは現実的に難しい」と話す。 都は、2012~13年度に事業所向けの説明会を80回以上開催。都条例を分かりやすく解説するハンドブックを約15万部作成するなどして、企業の備蓄率アップに力を入れている。 しかし、都条例そのものを「知らない」といった声も上がる。東京都大田区の中小企業などでつくる「大田工業連合会」の舟久保利明会長(70)は、従業員向けの食料品などの備蓄について、「条例のことを知らない経営者も多い。消防署の火災予防点検のように、都職員が定期的に事業所を訪れて指導しないと効果は上がらないのではないか」と指摘している。 大都市での災害対策に詳しい梶秀樹・筑波大名誉教授(都市防災計画)は「条例は企業にとって経済的な負担が大きく、中小企業では備蓄がなかなか進まない。行政側も、中小企業が備蓄を進めるにはどうしたらいいのか、補助金や購入費の税制面での優遇などの具体策を考えることが必要だ」と話している。5/26読売新聞配信
  新電力最大手のエネット(東京・港)は楽天などと組み、節電に協力すると買い物用のポイントが多くもらえるサービスを7月から始める。平日の昼など電力需要が増える時間帯に店に行くとポイントがより多くたまるようにし、外出を促して家庭での電力使用を抑える。家庭向け電力販売の自由化を2016年に控え、業種を超えた連携で競争力を高める動きが広がりそうだ。5/27日本経済新聞配信
  AKB48の運営会社「AKS」(東京都千代田区)に対し、警視庁万世橋署が26日、当面の間、ファンとメンバーが触れ合うイベントを自粛するよう要請したことについて、AKSは「万世橋署からAKB48劇場の警備態勢についての質問を受けたが、握手会を自粛してくれという要請はないとの認識だ」と説明。 劇場公演は31日まで自主的に休演するが、「その後は金属探知機で入場者をボディーチェックするなどの対策を実施する」と語った。5/26読売新聞配信
  上場企業が稼ぎ出した利益を株主に手厚く配分する姿勢を強めている。2014年3月期は株式の配当の総額が前の期から2割増えて6兆9000億円となり、6年ぶりに過去最高を更新した。収益拡大を背景に、配当を増やしたか復配した企業は2社に1社にのぼる。今期もこの流れは続きそうで、賃上げの動きも相まって家計に恩恵を及ぼしそうだ。5/27日本経済新聞配信
  1. 2014/05/27(火) 07:42:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ