FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

強いリーダーシップ

 組織の長の意思決定はたいへん重く、リーダーシップの発揮どころであります。ポイントはトップを兼務する組織それぞれに、決定事項の矛盾がないこと。所謂横串というもの。納税者番号創設、消費税増税、復興特区構想は成功例。FIFA会長選不戦敗のハマム理事、プリペイドカード取締りが遅れた中国政府は失敗。わかりやすいのは県知事が県立高校の冷房停止を命令する場合。この場合昔話との時間軸ではだめで、県庁ビル内の冷房を全部とめることが必要になります。もちろんそんなことできないから、役所業務は12時から17時までお休みして21時まで延長、高校の授業は午前6時開始13時終了、補修は20時から、先生は1日2回勤務、これが正解。ね、横串をさすためには強いリーダーシップないとできないでしょ。ということで、とても強いリーダーシップをお持ちのリーダーの、自ら率いるそれぞれの組織の構成員に対する、内閣不信任決議への号令。学ぶべきこと、横串をさすために、前面にでないこと。
  政府・与党の番号制度創設推進本部(本部長・菅直人首相)は29日、東京都内で社会保障と税の共通番号制に関するシンポジウムを開いた。与謝野馨経済財政相は「できれば秋の国会には法案を出したい。国民の目から見て制度がどうあるべきかを聞き、最終的な制度に反映させたい」と語った。推進本部は今後2年をかけて全都道府県でシンポジウムを開き、番号制について国民の理解を得る考えだ。 29日は日本経団連や連合の関係者、学識経験者らが参加し、公開討論が実施された。参加者からは制度導入の効果に関する質問や、政府が個人情報を一元管理することに対する懸念の声が出された。 政府は6月中にまとめる「社会保障・税番号大綱」に向け、個人情報を不当に流出させた場合の罰則など、具体的な制度設計を詰める。早ければ今秋の臨時国会に法案を提出。2014年6月に個人と法人にそれぞれ番号を交付し、15年1月からの利用開始を目指している。5/29日本経済新聞配信
  菅首相は29日、6月下旬にまとめる社会保障と税の一体改革案の中で、焦点の消費税率引き上げ幅や引き上げ時期を最終調整するため、政府と与党幹部による「コア(中核)メンバー会議」を設置する方針を固めた。 来週中に初会合を開き、4回程度の協議を経て6月中旬にも、2015年までに現行税率を5%引き上げて10%にする案を決定する方向だ。 「コアメンバー会議」は、「政府・与党社会保障改革検討本部」(本部長・菅首相)の下部組織として設置する。首相をトップとし、枝野官房長官、与謝野経済財政相ら関係閣僚や、民主党の岡田幹事長、輿石東参院議員会長、国民新党の亀井亜紀子政調会長ら16人が参加する予定だ。 同本部の下には、有識者13人らが参加する「社会保障改革に関する集中検討会議」(議長・菅首相)が置かれているが、6月2日に社会保障改革の原案をまとめた段階で役割を終える。原案にはパートや派遣社員らへの厚生年金の適用拡大や、低所得者の基礎年金加算などの新対策を盛り込み、15年に消費税収の1%分に相当する2・5兆円余りの追加財源が求められるとの試算を提示する予定だ。5/30読売新聞配信
  菅政権の復興構想会議(議長・五百旗頭〈いおきべ〉真防衛大学校長)は29日、これまでの議論で出された「主な意見」を中間整理として公表した。産業復興へ特区制度を積極的に活用するほか、復興財源として所得税や法人税、消費税などによる臨時的な復興連帯税の検討を掲げた。これをもとに、6月下旬の第1次提言に向けてとりまとめ作業に入る。  会合は7回目。この日まとめた中間整理では、議論の内容を構想検討の視座や地域づくりなど、「五つの論点」に分類。賛否が分かれた論点は意見をそのまま列挙した。五百旗頭氏は「議論を列記したものに過ぎないが(1次提言に向けた)一里塚だ」とあいさつした。  このうち、被災地の産業を復興させるために一定期間、規制緩和や税財政上の支援を行う「復興特区制度」には、目立った反対はなかったといい、五百旗頭氏は終了後の会見で「特区は積極的に活用する」と明言した。沖縄振興の特区制度などを参考にしながら、下部組織の検討部会(部会長・飯尾潤政策研究大学院大教授)で細部を詰める。  特区については、この日の会合で、宮城県の村井嘉浩知事が農地利用に一定の制限をかける特区構想を新たに提案しており、構想会議でも土地利用の手続きを特区手法で一本化することも検討するという。 5/29朝日新聞配信
  国際サッカー連盟(FIFA)のハマム理事は29日、FIFA会長選への立候補を取り下げるとの声明を出した。 会長を務めるアジアサッカー連盟(AFC)などを通じて流された。6月1日の総会で投開票される会長選は、現職で4選を目指すブラッター会長が唯一の候補となった。 FIFAなどによると、会長選を巡っては、ハマム理事が票集めを目的とした買収を行った疑惑があるとの告発を受け、FIFA倫理委が24日、調査を開始。その後、ハマム理事の要請でブラッター会長も調査対象となる異例の展開となり、29日の聴聞会で結論が出される予定となっていた。 ハマム理事は声明の中で、「2人の争いで、愛するFIFAがどんどん泥沼に引きずり込まれるのは許せない」と辞退の理由を説明。自身が倫理委から調査されている事実とは無関係であることを強調している。5/29読売新聞配信
  中国政府は、商業用のプリペイドカードが贈収賄や資金洗浄に悪用されている実態を受け、購入者の実名登録や利用金額の制限などの規制強化に乗り出した。 検察当局の調べでは、最近の汚職事件はプリペイドカードを介したケースが全体の約8割。ぜいたく品市場が世界第2位の規模にまで拡大し、腐敗した公務員がプリペイドカードでブランド品を大量に買う行動が問題化している。 さる23日の政府通達はプリペイドカードについて「税収や財務管理の秩序を乱し、腐敗行為を助長している」と指摘。今後、無記名式カードを一度に1万元(約12万5000円)以上購入する人に実名登録を義務づけた。また、これまで規制がなかった利用金額も、無記名カードで1000元(約1万2500円)以下、記名で5000元(約6万2500円)以下と定めた。5/29読売新聞配信
  夏場の節電を陣頭指揮する大村秀章・愛知県知事が県立学校での冷房の停止を指示したことに対し、県教委が困惑している。県立高校に設置されたエアコンのほとんどは、公費ではなくPTAの寄付金などで設置され、電気代もPTAなどが負担しているのが実態。「知事の気持ちは分かるが、強権発動は難しい」(幹部)というわけだ。 大村知事は、中部電力が浜岡原発の全面停止によって電力需要がピークになる時間帯の節電を呼び掛けたのを受けて対策を指示。24日の部長会議で「こんなに細かいことまで、という部分も含めて(対策を)積み上げたい」と述べた。その際、「照明がなくてもノートは取れる、と思わんわけでもない」と自らの学生時代をふり返り、「学校は(冷房などを)全部切ったれ」とはっぱをかけた。 だが、実際はそう簡単ではない。県教委によると、県立高149校のうち、県の支出で教室に冷房が設置されているのは2校のみ。90校では県の財源不足にしびれを切らし、各校のPTAが寄付金を集めて07年から順次冷房を設置している。 県が冷房を設置した2校は、騒音や排ガスで窓が事実上開けられない。特別支援学校にも冷房があるが、体温調節ができない生徒もおり、いずれも冷房の停止は難しいという。 県教委の幹部の一人は「こちらはあくまで各校ごとに協力をお願いする立場。知事は現場の実態がまだお分かりになっていないのかもしれない」と話す。【三木幸治】5/30毎日新聞配信
  野党側が衆院に提出を予定する内閣不信任決議案への対応をめぐり、与野党から29日も発言が相次いだ。 民主党の安住淳国会対策委員長はNHKの番組で、同決議案を「否決する自信がある」と強調した。同党の小沢一郎元代表を支持するグループが同調する構えを強めていることについては、記者団に「有権者を裏切り、自ら与党を否定する話だ。自分の選挙区で対立する(野党)候補者を利することにもなる」と語り、強くけん制した。 岡田幹事長も三重県川越町で記者会見し、「出てくれば粛々と否決し、早く次の局面に行きたい」と語った。前原誠司前外相は福岡市内での街頭演説で、「党内から賛同すると言われている議員がいることは(東日本大震災の)被災地に無礼だ」とし、小沢系議員の動きを批判した。 一方、自民党の谷垣総裁は佐賀市での党会合で「野党として必ず責任を果たし、勝負を挑んでいかねばならない」と述べ、同決議案提出への決意を改めて強調。さらに、「首相周辺は解散権をちらつかせているが、東北3県は県議選もできないのに、そんなことができるのか」と訴え、可決の場合、首相は衆院解散・総選挙ではなく、内閣総辞職を選択すべきだとした。5/30読売新聞配信
  ただ、中間派の一人は「小沢さんには前面に出てほしくない。小沢さんが前面に出ない方が不信任案は成功する」と語る。この議員が念頭に置いているのは長島昭久、吉良州司両衆院議員が仕切る約15人の議員グループ「国益を考える会」だ。同会には首相にも小沢氏にも批判的な議員が少なくない。 「最後に号令をかけるかどうかは、小沢さんにとって賭けになるよ」 一新会のあるメンバーはそうつぶやいた。5/29産経新聞配信
  1. 2011/05/30(月) 07:49:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ