FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

地元、足元を固めてリスクを分散

 やっぱり一箇所に依存というのはよくない。漁船一隻で売国になったらたいへんだもの。組織のトップはまずは地元足元をかためて、リスクの分散を図らなければなりませぬ。参議院議員をやめて衆議院にというならわかるけど、衆議院議員を辞職して衆議院議員に立候補だなんて選挙制度を弄んでいるじゃないか、いえいえ、地に足がついてこその議員、勝てば正義はついてくる。地元足元をかためたら、次は取引は分散がよい。めんどくさくてもメインとサブとサブサブ。一発命中で終了にならないように。
  日本経済が「人質」となり、政府の外交・安全保障政策上の足かせになっては困る。 日本企業は、生産や投資などを中国に集中させてきたビジネスモデルを再考し、中国以外の市場開拓に力を入れるなど、リスクの分散を図るきっかけにしなければならない。 日本企業はエネルギーや環境などの分野で中国の技術開発を手助けしている。スーパーやコンビニエンスストア業界も進出するなど消費や雇用面で、中国の国民に恩恵を及ぼしている。 中国政府は、こうした日本企業の貢献を評価すべきである。9/29読売新聞配信
  沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の衝突事件について、中国政府高官は28日、毎日新聞など一部メディアに対して「ほぼ終わった」と述べ、関係修復に向けて日本側から行動するよう求めた。訪日旅行自粛など事実上の対抗措置の解除にも含みを持たせた。中国側の軟化姿勢として注目される。 中国側は船長が処分保留で釈放された直後に謝罪と賠償を要求して日本側の困惑と反発を招いていた。同高官の発言は、事件終結の見通しを示すことで、日本側に冷静な対応と歩み寄りを促す思惑がありそうだ。 同高官は中国政府が事件後打ち出した訪日ツアーの販売自粛要請について、中国では10月1日から建国記念日の7連休に入ることを指摘し「多くの人々は(日本などに)旅行したいと思っている」と述べ、近日中の自粛要請の解除に含みを持たせた。 10月4、5の両日、ブリュッセルで開かれるアジア欧州会議(ASEM)を機にした菅直人首相と温家宝首相の会談については「時間が非常に限られている」と見送りの見通しを示したが、関係修復に向けた接触を拒否したわけではないと強調した。 しかし、中国河北省石家荘市で建設会社「フジタ」の社員ら4人が軍事管理区域に侵入した疑いなどで取り調べられている問題は、担当外であることを理由に「よく分からない」と述べ、釈放時期の見通しは示さなかった。 一方、中国外務省の姜瑜副報道局長は、28日の定例会見で「中国側は中日関係を重視している。日本が誠実かつ実務的な行動を取ることで、中日関係を安定的に発展させることができる」と述べ、従来より踏み込んで関係修復への期待を示した。9/28j毎日新聞配信
  自民党の谷垣総裁は28日、麻生、福田両元首相と国会内で相次いで会談し、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件に関する政府への追及について助言を受けた。 麻生氏は「野党第1党として怒らなければいけない。チャラチャラチャラチャラしたことは言わない(ように)」と述べた。福田氏は「(民主党政権は)日米安全保障体制をもてあそんだ。そこをきちんと立て直さないと、日中関係は良くならない」と語った。
 「明治維新は黒船一隻で開国になったが、菅政権は漁船一隻で売国になるになるのではないか」(自民党小池百合子総務会長)9/29日本経済新聞2面記事
  10月24日投開票の衆院北海道5区補欠選挙に出馬する町村信孝衆院議員(自民党、比例北海道ブロック)は28日、北海道石狩市内で記者会見し、横路衆院議長に対し29日に議員辞職願を提出する意向を明らかにした。 町村氏の辞職に伴い、2009年衆院選同ブロックの自民党名簿登載者の中から、今津寛氏が繰り上げ当選する。9/29読売新聞配信
  東京商工リサーチが28日発表した企業の所在地と社長の出身地が同じ都道府県である「地元率」に関する調査によると、愛知県は89.7%と全国で2番目に高いことがわかった。1位は沖縄県の94.1%、3位は北海道の85.9%。「愛知県は自動車を中心に製造業が集積しており、地元企業に就職したり親から事業を継承したりする人が多い」(情報部)としている。 中部地区5県(愛知、岐阜、三重、静岡、長野)の地元率は83.5%だった。県別では愛知県のほか、静岡県が84.9%、三重県が80.1%と、全国平均の79.1%を上回った。 調査は同社の企業データベースから約210万件の代表者データを抽出した。9/29日本経済新聞配信
  独自のダイエット法で知られる韓国の主婦チョン・ダヨンさん(43)のベストセラー「モムチャンダイエット」を巡り、チョンさんと専属契約を結んでいる韓国の会社が、契約を交わさず一方的に翻訳本を出版されたなどとして、発行元の講談社に出版の差し止めと1700万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしていたことが分かった。提訴は7月5日付。 講談社広報室は「出版の経緯に何ら問題はない。裁判で事実を明らかにする」とのコメントを出した。9/29読売新聞配信
  これまではトラブルが起きたとき、裁判所か業界独自の解決機関に問題を持ち込むのが一般的だった。ただ、裁判では時間や費用がかかるので二の足を踏む。業界独自機関は顧客からすれば「業界寄りの判断では」との心配がぬぐえず、客が泣き寝入りするケースが目立った。  そこで金融ADRでは、公平性が高い、弁護士などの第三者でつくる「紛争解決委員会」が、販売した業者と客の間に入り、中立に解決をめざす仕組みを採り入れることにした。  具体的には、金融庁が、銀行や証券など業界の自主機関を調べ、適格なものを紛争解決機関として新たに指定。指定を受けた紛争解決機関は、客からトラブル解決の申し立てを受け付けると、法律や金融の知識がある弁護士や司法書士などの第三者委員会をつくり、この客から訴えを聞いたり、金融機関に資料を提出させたりする。委員会は数カ月内に和解の金額などを盛り込んだ案をつくる。  金融機関は和解案の尊重が義務づけられる。客と金融機関のいずれかが納得できなければ、さらに特別調停案が作成されるが、金融機関は原則この案を拒めない。 9/28朝日新聞配信
  国の特別会計(特会)で、年度内に余ったり使わなかった予算と同額分を一般会計から繰り入れないなどの処置をとれば、厚生労働省、農林水産省、国土交通省の3省所管の7特会で計約1500億円節約できたことが会計検査院の調べで分かった。検査院は来週にも調査結果を公表する。政府の行政刷新会議は10月下旬に予定する「事業仕分け第3弾」で特会を検証する方針で、今回の検査院の調査は事業仕分けの作業にも影響を与えそうだ。 特会には多額の積立金や剰余金を保有するものもあり「埋蔵金」として注目を集めている。検査院は今年の検査で、特会に余分な資金がたまる構造に注目した。 全部で18ある特会のうち14特会では、事業費の不足を補うなどのため10年度予算で計53.6兆円を一般会計から繰り入れている。その年度に使わなかった予算は余剰金として翌年度の特会の歳入に組み込まれたり、積立金になる。検査院は、一般会計から特会に繰り入れられる予算に無駄がないか、08年度の資金の流れを調べた。 その結果、厚労、農水、国交3省が所管する複数の特会で、年度途中に事業の縮小などで使わずに済んだ予算額を把握し、その額だけ一般会計からの繰り入れをやめることが可能だったことが分かった。 また、厚労省と農水省の特会で不適切な会計処理も見つかり、一般会計からの繰り入れをやめる額と不適切だった額を合わせると約1500億円に上るという。検査院は3省に、特会の会計を検査院の指摘に沿って運用するよう改善を求める方針だ。9/28毎日新聞配信
  武富士の会社更生法の適用申請を受け、顧客への過払い金の返還はどうなるのか。最大200万人とされる債権者はまず裁判所に届け出る必要がある。武富士の負債は最終的に、資産を大幅に上回る見通しで、顧客への満額返還は難しそうだ。 対象は過去に利息制限法(15~20%)を超える金利で借りていた顧客。借金返済を終えていても10年以内なら返還申請が可能だ。9/29日本経済新聞配信
スポンサーサイト
  1. 2010/09/29(水) 07:48:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ