FC2ブログ

しのぶのビジネスオピニオン

近日、経営コンサルタント開業をめざす熟年ビジネスマン 「しのぶ」が、ビジネスニュースを消費者生活者の視点で 読み解き、世に問います。ビジネスに役立つヒント満載 マーケットインデマンドサイドアプローチ。

イメージの低下とアップ

 本日は企業業績と、国民のイメージの関係を考察しましょう。まず直接多数の消費者が購入する立場にない業種、シャッター製造業、建設業はあまり気にしなくてよさそう。いっぽう入場者数が業績に影響する相撲は少しだけ配慮が必要。劇画業界では、主人公の違法性よりヒーローイメージが大事。競輪はバクチからクジにしてイメージアップすると、道路証明灯のようにスポンサーが期待できます。つまり、多数の顧客の支持で生業を成立している組織にとってイメージ低下は悪、向上はプラス。ということで、選挙で決まる政権獲得競争から学びましょう。反乱者には離党を認めず除名にしてイメージ低下を狙う。司法とメディアをたたく。テレビドラマの悪役になぞらえる、小数の既得権益者をたたくなど。しかし都知事や英国首相のように偏見の露出は望ましくありません。また、政権交代が実現しない選挙で、実現するというタイトルの政権公約はイメージアップには貢献はありません。
  建物の出入り口などに設置するシャッターの販売を巡り、協調して値上げする価格カルテルを結び、建設会社向けの受注でも調整を繰り返していたとして、公正取引委員会は、業界大手3社など数社に、独占禁止法違反(不当な取引制限)で、総額50億円台の課徴金を納めるよう命じる方針を各社に伝えた。  課徴金納付命令や、再発防止などを求める排除措置命令を受けるのは、いずれも業界大手の三和シヤッター工業(東京)、文化シヤッター(同)、東洋シヤッター(大阪)などの数社。公取委は今後、各社側の意見を聴いたうえで正式に命令を出す。  関係者によると、2008年3月ごろ、3社の役員らが都内の飲食店で会合を開き、鋼板やアルミ、ステンレスなど原材料価格の高騰への対応を協議し、値上げ方針で合意したとみられる。中略   近畿地区では、建設会社が見積もり合わせなどで発注するシャッターを巡っても、各社が事前に受注業者を決めるなどの調整を繰り返していたとされる。  シャッターの市場は、年間約1400億円程度の規模があるが、この3社で9割以上の市場占有率(シェア)があるという。4/29朝日新聞配信
  大手ゼネコンを含む建設業者52社などでつくる「日本建設業団体連合会」(日建連)は28日、下請け企業が暴力団に資金提供したり、代表者が暴力団関係者と判明したりした場合、無条件で契約を解除できる条項を盛り込んだ契約書の導入を進めると発表した。 警察庁によると、建設業界では、気づかないまま暴力団関係業者を下請けに使ったり、「下請けに指定の業者を入れろ」と暴力団から強要されたりするケースが後を絶たないという。 同庁では、「画期的な動き。業界からの問い合わせがあれば、積極的に協力したい」としている。4/28読売新聞配信
  政府は29日付で春の叙勲受章者を発表した。今回最高位の桐花大綬章には島田仁郎元最高裁長官(71)、綿貫民輔元衆院議長(83)の2人が選ばれた。人気ドラマ「北の国から」の脚本家、倉本聰(本名・山谷馨)さん(75)、「ゴルゴ13」で有名な劇画家、さいとう・たかを(本名・斉藤隆夫)さん(73)らには旭日小綬章、将棋棋士の内藤国雄さん(70)らには旭日双光章が贈られた。4/28毎日新聞配信
  2月にあった日本相撲協会の理事選挙で、所属する派閥の立浪一門に反する形で貴乃花親方=元横綱=に投票した安治川(あじがわ)親方(36)=元幕内光法(こうぼう)=が、協会の在職資格である年寄名跡の返却を求められていることが28日、分かった。同一門の複数の親方が認めた。「造反」へのけじめとみられる。  今回の理事選では、安治川親方の投票もあって、苦戦が予想されていた貴乃花親方が当選。立浪一門からの候補者だった大島親方(元大関旭国)が落選した。  安治川の年寄名跡は、一門内の伊勢ケ浜部屋(師匠=元横綱旭富士)に所属する関脇安美錦が所有しており、光法は引退時にそれを借りて襲名。角界では、年寄名跡を借りている場合には理事選で貸手の意向に従って投票するのが慣例となっている。  ある親方は「借りているものだから、返してと言われたら返すのが当然の話。本当は3月までの約束だったが、次の就職先が決まるまで待ってあげている」と話す。  安治川親方は投開票の翌日に、「一門に迷惑をかけた」として、一時は退職届を出す意向を示した。だが、相撲協会に監督官庁の文部科学省から選挙の公平さについて問い合わせがあったこともあり、このときは一門の側から退職を思いとどまるよう説得され、考えを撤回していた。 4/28朝日新聞配信
  神奈川県平塚市の平塚競輪場の競輪くじ「チャリ・LOTO」の払戻配当金が6億3千万円を超えた。平塚市によると、競馬など公営ギャンブルや宝くじを含めた国内のくじ史上最高水準という。2年近く的中がなく、配当金が繰り越しされてきた。29日のレースで、幸運の持ち主は現れるか。  チャリ・LOTOはインターネットで、通常12ある主催レースのうち後半7レースの1位を当てる。同競輪が2008年4月に導入し、同年6月5日に的中者が1人出て当時の公営ギャンブル最高額の7969万8600円を得た。だがその後、連続111レースで的中が出ていない。  1人で当てたら配当金は総取り。複数の場合は山分けとなる。今年3月26日には最終レース前まで3枚が当選圏に残ったが、結局、該当者はなかった。  競馬などと違い、コンピューターが乱数表をもとに1位を自動的に発番した1枚200円の車券を買うシステム。選手の力量や調子を見て選ぶことはできず、運をコンピューターに任せる形だ。的中確率は478万分の1とか。4/29朝日新聞配信
  徳島県は28日、道路照明灯に維持管理費を負担した企業名などを記入する「スポンサー付き道路照明灯事業」を始めると発表した。同日からスポンサーの募集を始めた。 維持管理費は道路照明灯1本あたり年間電気使用料金の相当額である2万円。企業・団体名を印刷したシールを照明灯の保守ボックスに張る。期限は1年で、1社で複数の照明灯のスポンサーになることも可能。まず県が管理する徳島市内の国道・県道計5路線が対象となる。 徳島県によると、道路照明灯にスポンサー名を入れる事業は全国で5府県目。県は「維持管理コストを削減でき、スポンサーは地域貢献のイメージアップにつながる」と話している。4/29日本経済新聞配信
   5月23日投開票の大阪市議選福島区選挙区(欠員1)を控え、大阪府の橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」に参加した自民党籍を持つ府議ら10人が党府連青年局の役職について集団で辞職願を提出したことが28日、分かった。府連青年局に所属する市議秘書の太田晶也氏(38)が市議補選に立候補の意志を示したことへの対応だという。 辞職願について府連青年局は5月上旬に取り扱いを協議する方針。ただ、辞職願は青年局の役職のみに限定しており、自民党籍は残したままで、青年局への所属も続けるという。 役職辞職を申し出たのは、党府連青年局の役職につく大阪維新の会所属の府議ら10人。府連青年局は18歳から45歳の党員らで構成されており、市議補選で立候補予定の太田氏も青年局の役職者の1人。市議補選では、党府連に対し公認申請中という。 大阪維新の会はすでに、市議補選で会社役員、広田和美氏(46)の擁立を決定。関係者によると、「青年局の太田氏が立候補するのに、青年局の役職を持ったまま広田氏を応援しにくい」という声が浮上。青年局の役職を辞職した上で、選挙戦にのぞむことにしたという。 大阪維新の会に加入したメンバーのほとんどは自民党籍を持ったまま。党府連内部には「反党行為をした場合は除名もある」という強行意見もある半面、高い人気を誇る橋下知事との直接対決を避けたい意向を持つ幹部もおり、対応が注目されている。4/291産経新聞配信
  たちあがれ日本の平沼代表は28日の記者会見で、与謝野共同代表が自民党から除名処分となったことについて、「参院選で(自民党候補を)応援することもありうるのに、我々の神経を逆なでした。不快な気持ちで一杯だ」と述べ、自民党の対応を批判した。4/28読売新聞配信
  民主党議員らが28日、「司法のあり方を検証・提言する議員連盟」(滝実会長)を設立し、国会内で初会合を開いた。 小沢民主党幹事長が検察審査会から「起訴相当」の議決を受けたことを念頭に、審査会のあり方の見直しを求めていくことで一致した。 会合には20人が出席。滝会長は、「司法制度改革は権力が独走する仕組みを変えるものだったのに、そうではない実態が出ている」とあいさつした。 鈴木宗男新党大地代表も「検察審査会を可視化しなければならない」と訴えた。会合後、辻恵事務局長は記者団に、「国民感情で司法制度が揺さぶられている。裁判員制度も検察審査会もおかしい」と強調した。 東京地検が小沢氏を不起訴にしても、審査会が再度起訴すべきだと議決すれば、小沢氏は強制的に起訴されることになる。こうした中で、民主党の議連が審査のあり方に言及したことで、「圧力ではないか」との批判が出る可能性もある。4/28読売新聞配信
  鳩山首相は28日午前、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会が「起訴相当」とする議決をしたことに関し、「小沢幹事長にはこのまま頑張っていただきたい」と述べ、小沢氏を続投させる考えを表明した。首相官邸で記者団に語った。 首相は、27日の同審査会の議決後に「党の立場からは何らかの判断がなされる可能性はある」と述べたことについて、議決後に民主党の輿石東参院議員会長と電話で会談し、「私は政府の立場で、輿石会長は党の立場でものを申してください」と伝えたことを受けた発言だったと説明。審査会の議決に関しては「検察の判断に予断を与えることになるから、何も申し上げるべきではない」と改めて強調した。 小沢氏は27日に「与えられた職務を淡々と全力でこなしていく」と幹事長続投を表明した。4/28読売新聞配信
  2007年4月の函館市長選で「悪代官」と呼ばれて名誉を傷つけられたとして、井上博司前市長(73)が西尾正範市長(61)に約1000万円の損害賠償と新聞での謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が28日、函館地裁であった。 蓮井俊治裁判長は請求を棄却した。 西尾市長は06年12月に井上市政を批判して助役を辞任。07年4月の市長選で井上氏を破って初当選した。 判決などによると、井上氏は、西尾氏が選挙戦の中で「人気テレビ番組の水戸黄門には悪代官が出てくる」などと、井上氏を悪代官に例えたことが名誉棄損に当たるとして訴えていた。4/28読売新聞配信
  与野党で28日、高速道路の新料金制度を巡り、政府に見直しを求める動きが広がった。 民主党の「トラック議員連盟」(会長=奥村展三党総務委員長)は、国会内で総会を開き、新料金制度の見直しを政府に求めていくことで一致した。 総会には、同党議員71人が参加した。 自民党の中国・四国地方選出議員らで作る「本四高速道路料金の値上げに反対する議員の会」も、前原国土交通相に新料金制度見直しの申し入れ書を手渡した。4/28読売新聞配信
  石原慎太郎東京都知事が外国人地方参政権を巡り、与党の党首や幹部には親などが帰化した人が多いと発言したことに対し、在日本大韓民国民団東京地方本部は28日、「悪意に満ちた人種差別発言だ」とする抗議文を都に提出し、撤回と謝罪を求めた。  抗議文では「私たちの身近には、厳しい差別を受けた結果、帰化に追い込まれた多くの親類、友人がいる。知事の妄言は日本社会の閉鎖性をむき出しにした」と批判した。4/28朝日新聞配信
  5月6日投開票の英国総選挙で、遊説中のブラウン英首相が28日、有権者の女性のことを毒づく失言を、背広のえりにつけた小型マイクに拾われ、謝罪した。世論支持率で保守党、自由民主党に後れをとる与党労働党に、手痛い失点となりそうだ。  ブラウン首相は英国中部での市民との対話の場で、65歳の年金暮らしの女性から、移民問題や犯罪対策で議論を挑まれた。数分のやりとりの後「あなたに会えて良かった」と笑顔で車に乗った。  だが車中では、民放テレビの音声マイクをオンのまま外し忘れたのに気づかずに、秘書に対し「最悪だ。あんな女性に会わせるなんて、だれの考えだ? 偏見だらけの女性じゃないか」と語った。  その後、全国中継のBBCラジオ生番組に出演、失言の録音を聞かされた。「侮辱することを言ったのであれば謝罪する」と語り、放送後、女性に電話でわびた。さらに自宅を訪れて謝った。女性は父親の代から労働党支持だったが「今回は労働党に投票しない」と話している。 4/29朝日新聞配信
   自民党が今夏の参院選の政権公約(マニフェスト)のメーンタイトルを「実現できるマニフェスト。」とすることが28日、わかった。鳩山政権が公約違反を繰り返しているとして、同政権との政権担当能力の違いをアピールするねらいがある。しかし、大型連休(GW)中に配布するパンフレットは抽象的な内容ばかりで、自民党議員からは「いつどう実現させるの」と不満が噴出している。 パンフレットには、鳩山政権の「バラマキ」政策を批判し、新卒者を2年間受け入れた雇用主に1人あたり年間100万円支給する「トライアル雇用」制度を盛り込んだ。 だが、それ以外では外国人参政権と夫婦別姓の導入に「断固反対」とあるのを除くと、「社会保障の財源は税制の抜本改革によって確保」「国会議員定数の削減」など、数値目標がない具体性に乏しい政策の羅列となった。 自民党は5月10日に正式のマニフェストを決定する。4/29産経新聞配信
  1. 2010/04/29(木) 07:23:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ